ページの先頭です。
一覧から探す

牛の角突き

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月5日更新

11月場所(千秋楽)開催のお知らせ

11月7日(日曜日)に牛の角突き11月場所(千秋楽)を開催します。
当日はYouTubeライブ配信を行いますのでご来場いただけない方も是非ご観覧ください。

YouTubeチャンネル:tsunotsuki echigo

なお、木喰観音堂の御開帳も通常どおり行います。

令和3年度「牛の角突き小千谷場所」開催日

新型コロナウイルス感染症対応のため、マスク着用、手指消毒、検温、氏名等記入用紙への記載にご協力をお願いします。なお、観客席における間隔確保のため、来場者数に応じ入場制限を行います。
また、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が発令されています。対象地域にお住まいの方のご来場はお控えいただきますようご協力をお願いします。

  • 5月3日(月曜日・祝日)※初場所
  • 6月6日(日曜日)
  • 7月4日(日曜日)
  • 【中止】8月14日(土曜日:お盆場所)
  • 【中止】9月5日(日曜日)※全国闘牛サミット記念大会
  • 10月3日(日曜日)
  • 11月7日(日曜日)※千秋楽

第24回全国闘牛サミットinおぢや大会【記念闘牛大会中止】

下記の日程で開催を予定していた「第24回全国闘牛サミットinおぢや大会」記念闘牛大会(9月場所)は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、中止となりました。
なお、全国闘牛サミット協議会総会はオンライン会議により開催します。

○総会(オンライン会議)
・日程:令和3年9月5日(日曜日)午前10時から
・会場:小千谷市役所

○記念闘牛大会【中止】
・日程:令和3年9月5日(日曜日) 正午から会場:小千谷闘牛場

○パンフレット
第24回全国闘牛サミットinおぢや大会パンフレット [PDFファイル/10.47MB]

全国闘牛サミット協議会

闘牛文化の保存と伝承、相互の交流、親睦を深めることを目的に、構成市町を輪番で開催地とし全国闘牛サミットを毎年開催しています。

【構成市町、団体】(9市町8団体)
岩手県久慈市、新潟県長岡市、島根県隠岐の島町、鹿児島県徳之島町、鹿児島県天城町、鹿児島県伊仙町、沖縄県うるま市、愛媛県宇和島市、新潟県小千谷市
いわて平庭高原闘牛会、山古志闘牛会、全隠岐牛突き連合会、徳之島闘牛連合会、沖縄県闘牛組合連合会、うるま市闘牛組合連合会、宇和島観光闘牛協会、小千谷闘牛振興協議会

越後小千谷牛の角突き

「ヨシター」という勢子の掛け声が飛び交い、牛同士がぶつかり合う迫力満点の牛の角突きは、江戸時代の文豪、滝沢馬琴の書いた「南総里見八犬伝」に記述があり、地域の伝統行事として長年守り継がれてきました。
越後の角突きは、引き分けが原則。興奮した牛を引き離す勢子の妙技や勇姿も見応えがあります。

令和3年度の日程はこちらから

たくさんの観客で埋まった会場内の観覧席の画像 取り組みを確認する勢子たちの画像

角を付き合う闘牛の画像 牛の鼻をつかむ勢子の画像

牛を押さえる勢子たちの画像 小千谷闘牛場脇「みまもり岩」の画像

時間

正午~午後3時ころ

※終了時刻は、当日の取り組みにより異なります。

入場料

  • 一般席/1,000円(屋根なし約1,500席)
  • 特別席/2,000円(屋根あり約450席)

※当日券のみです。
※敷きものは、各自ご用意ください。
※中学生以下は無料です。

開催場所

小千谷闘牛場(地図

交通アクセス

自家用車ご利用の場合

小千谷闘牛場まで関越自動車道小千谷I.C下車20分
※カーナビの目的地を東山小学校に設定していただければ付近に案内看板があります。
※駐車場無料(約300台)

シャトルバスご利用の場合

  • 利用料金:片道500円(中学生以下は無料)

その他

大型バスでお越しの場合は、事前予約が必要です。

小千谷闘牛場の案内図

小千谷闘牛場の案内図の写真


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)