ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
小千谷市観光サイト おじやにおいでよ
小千谷市へ戻る
  • 文字の大きさ 小 標準 大
  • 背景色の変更 白色 黒色 青色 黄色
  • English
  • 中文
  • 韓国語
トップページ > 小千谷市観光サイト > 小千谷縮(おぢやちぢみ)
一覧から探す

小千谷縮(おぢやちぢみ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月12日更新

江戸時代初期、播州明石から来たといわれている堀次郎将俊が、それまでの越後麻布に改良を加えて完成したのが小千谷縮です。しぼのある独特の風合いで高い評価を得、昭和30年(西暦1955年)、国の重要無形文化財に指定されています。その技法を生かして織り始めたという小千谷紬も、昭和50年(西暦1975年)に伝統的工芸品に指定されています。
小千谷縮の材料は苧麻(ちょま)という上質の麻です。これを細かく砕いてつなぎ合わせ、一本の長い糸を作ります。
準備された経糸(たていと)に、模様付けされた緯糸(よこいと)一本一本柄を合わせながら丹念に織ります。一尺織るのに900回も手を動かすといいます。
織り上げられた反物は、地を白くするために雪の上でさらされ、完成します。この雪さらしは、小千谷に春を呼ぶ風物詩です。

小千谷縮反物の写真 反物を雪の上にさらしている写真

所在地小千谷市城内1丁目8-25 小千谷市総合産業会館サンプラザ1階「織之座」地図
アクセス関越自動車道小千谷インターから車で3分、上越線小千谷駅からバスで10分

■問い合わせ/

小千谷市商工観光課(電話番号:0258-83-3512)

小千谷織物同業協同組合(電話番号:0258-83-2329)

<関連リンク>

小千谷観光協会のホームページはこちらから(別の窓が開きます)

おぢやファンクラブのホームページはこちらから(別の窓が開きます)

総合産業会館サンプラザのホームページはこちらから(別の窓が開きます)

小千谷織物同業協同組合のホームページはこちらから(別の窓が開きます)