ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成31年度 > 令和元年7月 > 牛の角突きばなしが開催されました(7月7日)

牛の角突きばなしが開催されました(7月7日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月8日更新

小千谷闘牛場の近くの福生寺で、 「牛の角突きばなし」が開催され、市内外から21人が参加しました。
これは、初めての方にも牛の角突きを楽しんでもらおうと昨年から小千谷闘牛振興協議会が主催しているものです。
小千谷闘牛実況解説者の木島良さんから、小千谷の牛の角突きの歴史や見どころ、原則引き分けで決着するルールなどの説明を受け、参加者からは「勝敗をつけないのに、どうやって横綱を決めるのか」などの質問がありました。
闘牛場では屋根付きの特別席で観戦し、全取組終了後には牛に触れたりしながら、牛や勢子との交流を楽しんでいました。
市内から参加した男性は「牛の角突きは牛同士の闘いだと思っていましたが、事前にレクチャーを受けたので、牛と勢子さんの駆け引きも楽しめました」と話していました。
この「牛の角突きばなし」は9月と11月にも開催予定です。

説明する木島さんの画像
小千谷闘牛実況解説者の木島良さん
取組表を見る参加者の画像
取組表を見ながら、本日の注目の一番を教えてもらいました
牛の角突きを観戦する参加者の画像
参加者は特別席で観戦しました
牛と触れ合う参加者の画像
取組後に牛と触れ合う参加者たち

<関連リンク>

牛の角突きのページはこちらから(別のページへ移動します)