ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成29年2月 > 真人町で「ザ・かまくら」が開催されました(2月11日)

真人町で「ザ・かまくら」が開催されました(2月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月16日更新

これは真人町の町おこし団体「まっとマップ隊」が主催し、公民館真人分館の共催、真人町里地振興協議会の後援を得て毎年行われているものです。
今年も、交流のある東京都墨田区立第4吾嬬(あずま)小学校から児童・保護者43人がはるばる小千谷を訪れ、会場は約130人の来場者でにぎわっていました。
餅つきや福餅まき、さいの神などのイベントが行われ、来場者はつきたてのお餅をかまくらの中で食べたり、雪山の滑り台で遊んだりして、真人の冬を楽しんでいました。

餅つきをする来場者の画像
力を合わせてお餅をつきました
4人で餅つきをする画像
4人でリズムよく!あっという間につき上がります
かまくらの中でお餅を食べる子どもたちの画像
かまくらの中で食べるお餅の味は格別です
お雑煮を食べる子どもの画像
あーん!おいしいね
雪山滑り台の画像
大きな雪山の滑り台はスリル満点!大人気でした
そり滑りをする子どもたちの画像
子どもたちの元気な声が響きます
餅まきをしている画像
福餅まき。大人も子どもも一生懸命拾いました
雪の上で集合写真を撮っている画像
雪のステージで集合写真。楽しい思い出ができました