ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > はじめてのかたへ > アクセシビリティについて

▼ページ本文はここから

アクセシビリティについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

「ウェブアクセシビリティ」とは、「高齢者や障がい者など心身の機能に制約のある人を含め、ウェブサイトで提供されている情報が誰に対してもきちんと伝わり、提供されている機能やサービスを誰もが容易に利用できること」を意味します。

小千谷市ホームページ(以下「当サイト」といいます。)は、ウェブアクセシビリティを保持するために、国が定めた基準に準拠するよう努めています。

現在は、平成22年8月20日に公示された JIS X 8341-3 2010:「みんなの公共サイト運用モデル」(以下ウェブJIS)を目標としています。

アクセシビリティへの配慮について

すべての利用者に対して便利で役立つ市政情報を提供していくため、利用者がその内容を理解し、的確に操作できるよう配慮したページを作成することを目指しています。
今回のリニューアルにあたっても、具体的に以下の点についてアクセシビリティへの配慮を行っています。

ホームページ作成にあたっての留意事項

・正確な情報を迅速に分かりやすく伝える。
・操作性に考慮し、利用しやすいページを作成する 。
・利用者のパソコンの性能やOSの種類などの環境に制限されないページを作成する。
・必要以上の機能や画像を用いて、利用者に負担を掛けない。
・文章は明瞭で簡潔にし、分かりやすい表現を心がける。
・個人情報の保護に十分に配慮する。

具体的なアクセシビリティへの配慮

・障がいのある方や高齢者にも優しいホームページとする。
・読み上げソフトや画像を表示しないブラウザを用いている人でも情報を正しく受け取ることができるように配慮する。
・色覚障害のある方でも情報の区別がつくように配慮する。
・画像情報には必要な代替テキストを用意する。
・文字サイズを選ぶことができるようにする。
・サイトの全体的な構成に関する情報(サイトマップや目次など)を提供する。
・特定の装置、ブラウザ、バージョンに依存しない設計とする。
・PDFやFlashなど表示するのに特定のソフトが必要な場合は、閲覧ソフトの入手手段を明記する。
・特定の機種や環境でないと文字が正しく表示されない「機種依存文字」を使わない。
・回線速度の遅い環境の人でもストレスなく閲覧できるよう、各ページのサイズをなるべく小さくして速く表示できるよう配慮する。
・ダウンロードファイルについては、ファイルサイズを明記する。
・日付、曜日、時間については、日本語で正確に表記する。

アクセシビリティが確保できていないコンテンツ

今回のリニューアルにあたっては、アクセシビリティへの対応を目標に掲げて作業を行いましたが、視覚的な効果を意図して作成されたものなど、文字表現が困難なページやコンテンツが一部存在します。
また、「小千谷市例規集」など、外部サイトで扱われているもののなかに対応不十分なものが存在します。

小千谷市では、当サイト内に限らず、当市が管理するウェブコンテンツについて、順次アクセシビリティの確保に努めてまいります。

更新日 平成25年12月1日