ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成27年2月 > 真人町で「ザ・かまくら」が開催されました

真人町で「ザ・かまくら」が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月16日更新

2月14日(土曜日)、真人町の住民センター前広場で「第14回ザ・かまくら」が開催されました。

会場には大きなかまくらやジャンボすべり台が作られ、おおぜいの子どもたちが雪遊びを楽しんでいました。

今年は初めての企画として、積み上げた雪の高さを競う「雪積み大会」が行われ、参加者はみんなで知恵を振り絞りながら、雪を高く積み上げていました。

また、今年も真人地区と交流のある東京都墨田区立第4吾嬬小学校の児童・保護者ら25人も参加し、雪遊びを通じて交流を深めていました。

大きなかまくらの中で焼き芋を食べる子どもの画像
大きなかまくらの中で焼き芋をパクリ
雪のすべり台をすべる子どもたちの画像
大人も子どももそり遊びを楽しみました
雪を積み上げる子どもたちの画像
一生懸命に雪の塊を積み上げていきました
餅つきに挑戦する子どもたちの画像
みんなでついたお餅は、さまざまな食べ方で、来場者のお腹に納まりました
福餅まきの画像
福餅まきでは、競うように餅を拾いました
さいの神の画像
さいの神も行われ、みんなでスルメを焼きました