ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成29年2月 > 楽集館で小千谷縮の雪さらし体験が行われました(2月25日)

楽集館で小千谷縮の雪さらし体験が行われました(2月25日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月27日更新

昨年7月に開講した小千谷縮製作体験講座の第6回目として、18人の受講生が雪さらしを体験しました。
雪さらしは、縮を雪上に敷いて日光にさらすことで、反物の色をより鮮やかにするための昔ながらの作業です。

この日は朝から雪が降り続き、午後に予定していた小千谷縮製作現場の見学を先に行いました。実演を交えての説明に、受講生たちはメモを取りながら熱心に聴き入っていました。
午後には爽やかな青空が広がり、絶好のコンディションの中、受講生は2人1組で慎重に縮を並べていきました。13枚の縮を雪上にさらし終わると、受講生はその鮮やかな光景に心を奪われた様子で、自分が敷いた縮を写真に収めていました。

雪さらしをする参加者の画像
一枚一枚丁寧にさらしていきます
雪上に敷かれた小千谷縮の画像
色鮮やかな縮が雪上に並びました
小千谷縮の写真を撮る参加者の画像
「私が敷いた縮!」記念に写真を撮っていました
参加者の集合写真
受講生の集合写真
いざり機を使った織りの見学をする受講生の画像
縮の製作現場を見学しました
熱心に見学をする受講生の画像
興味深そうに見ていました