ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

小千谷幼稚園で園舎お別れ会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月17日更新

5月14日(土曜日)、小千谷幼稚園で園舎お別れ会が行われました。

これは昭和39年に建てられた園舎が築50年を経過し、改築を前に幼稚園が企画したものです。
小学生を対象に行われた「卒園生の集い」には約220人の児童が集まり、床や壁に感謝のメッセージを書き込むなど、思い出がたくさん詰まった園舎との別れを惜しんでいました。

その後の一般公開では、10年後の自分に向けて手紙を書くコーナーや、歴代卒園アルバムの展示コーナーなどが設けられ、来場者は懐かしい写真に足を止めてじっと見入っていました。
父の代から3代小千谷幼稚園に通ったという女性は、「階段の手すりを滑り台のようにして遊んだことが思い出深いです。子どもに聞くと同じことをして怒られたというので、卒園生共通の思い出なのかな」と話してくれました。

園長先生の話を聞く子どもたちの画像
お別れ会には多くの子どもたちが集まりました
園舎のガラスにメッセージを書く子どもたちの画像
子どもたちが園舎への思いを書き込みました
園舎の床に書かれたメッセージの画像
園舎の床は感謝の言葉で埋め尽くされました
展示された写真を見る子どもたちの画像
壁には思い出の写真がカラフルに展示されました
アルバムを見る親子の画像
アルバムの懐かしい写真に笑みがこぼれます
10年後の自分への手紙を書く子どもたちの画像
未来の自分に向けて手紙を書きました