ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年7月 > 小千谷・杉並交流コンサートが開催されました

小千谷・杉並交流コンサートが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月16日更新

7月13日(日曜日)、市民会館で「小千谷・杉並交流コンサート」が開催されました。
これは、平成16年5月に小千谷市と杉並区が災害時相互援助協定を締結してから10年を記念して開催されたものです。
当日は、杉並区からの交流ツアー参加者約60人や市内の方などおおぜいの方が集まり、会場は満員となりました。
コンサートの第1部では、日本フィル弦楽四重奏団により、クラシックの名曲が演奏されました。
第2部では、世界で活躍するソプラノ歌手・湯浅桃子さんにより、童謡やオペラの曲が披露されました。
湯浅さんの、時には優しく、時には力強い美しい歌声に観客は聴き入っていました。
最後に市内の合唱団のみなさんが登壇し、日本フィル弦楽四重奏団のみなさんの演奏で「ふるさと」と「山あり河あり」を合唱しました。

7月14日(月曜日)には、日本フィル弦楽四重奏団のみなさんが吉谷小学校を訪問し、演奏を披露しました。
吉谷小学校創立140周年記念として行われ、子どもたちにおなじみのアニメの曲などが演奏されました。
また、吉谷小学校の校歌も演奏され、児童は演奏に合わせて元気に校歌を歌っていました。

演奏する日本フィル弦楽四重奏団の画像
弦楽器4本による魅力に満ちた音色が奏でられました
湯浅桃子さんの画像
湯浅さんの歌声は、観客を魅了しました
日本フィル弦楽四重奏団の演奏で歌う湯浅さんと市内合唱団の画像
弦楽四重奏団の演奏で、湯浅さんと市内合唱団のみなさんが合唱交流をしました
花束を受け取る湯浅さんたちの画像
公演後、湯浅さんらに花束が贈られました
体育館で演奏する四重奏団のみなさんの画像
吉谷小学校の体育館で演奏が披露されました
児童の間を歩きながら演奏するヴァイオリニストの画像
ヴァイオリニストの方が間近で演奏してくれました
四重奏団の演奏に合わせて校歌を歌う児童の画像
演奏に合わせて校歌を歌いました
四重奏団のみなさんに花束を渡す児童の画像
感謝の言葉を添えて花束を贈りました