ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年10月 > おぢや震災ミュージアム「そなえ館」開館5周年記念シンポジウムが行われました

おぢや震災ミュージアム「そなえ館」開館5周年記念シンポジウムが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日更新

10月23日(日曜日)、中越大震災の日にあわせて、おぢや震災ミュージアム「そなえ館」の開館5周年記念シンポジウムが行われました。
「そなえ館」は、中越大震災から7年目の平成23年10月23日にオープンした施設で、地震の疑似体験と、地震発生から復興までの月日をたどることで「備える」ことの大切さを伝えていくための施設です。

シンポジウムは、「語り続けることの大切さ 今、熊本へ、中越から伝えることは」をテーマに行われ、震災経験地から次の被災地へ「支援できることは何か、伝えることは何か」について、考える場となりました。

基調講演を行った明治大学の中林一樹先生は、「復興とは一人ひとりが日常を取り戻し、持続する地域社会を取り戻すこと」とし、支援する側は復興のビジョンを押しつけるのではなく、被災者の気持ちや変化する支援のニーズに寄り添うことが重要、と話していました。
息の長い多様な支援が「縁」を生み、その地を訪れるリピーターを増やし、地域の持続的発展につながるという言葉に、会場に集まった人も大きくうなずいていました。

夕方からはそなえ館駐車場で追悼式典が行われ、おおぜいの人が参加しました。地震災害で犠牲になった方々を追悼し、献花などを行った後、追悼メッセージの読み上げに合わせて花火が打ち上げられました。

基調講演を行う中林先生の画像
基調講演を行う中林先生
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションが行われました
献花する人々の画像
献花台の前で思いを込めて手を合わせます
震災被災地追悼花火の画像
追悼の花火が復興への祈りとともに打ち上げられました

<関連リンク>