ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成29年度 > 平成29年4月 > 信濃川河岸段丘ウォークが開催されました(4月29日)

信濃川河岸段丘ウォークが開催されました(4月29日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月9日更新

今年で第30回を迎えた信濃川河岸段丘ウォークが開催され、12~50キロメートルの5つのコースに、過去2番目に多い2,713人が参加しました。
小千谷市内を歩く12キロメートルのコースには1,870人が参加し、新緑の中、ウォーキングを楽しんでいました。
休憩会場となった「おぢゃ~る」では、おおぜいの方が新しくできた施設内を見学していたほか、ゴール会場のサンプラザ駐車場では第30回記念として抽選会が行われ、にぎわっていました。

また、河岸段丘ウォークの開催に合わせて一般公開されたJR小千谷発電所では、発電所施設の見学会やレールを走るミニ新幹線の乗車体験などさまざまなイベントが行われ、会場には子どもたちの歓声が響き渡っていました。

一斉にスタートする参加者の画像
12キロメートルコースの参加者が、総合体育館から一斉にスタートしました
列を作って歩く参加者の画像
西山山系を背に列を作って歩きました
坂道を登る参加者の画像
山本山への長い上り坂を歩きました
調整池の周辺を歩く参加者の画像
調整池を眺めながら歩いていました
水仙の咲き誇る道路を歩く参加者の画像
山本山の道路沿いには、市の花「すいせん」がきれいに咲いていました
休憩会場となったおぢゃ~るの画像
昨年オープンしたおぢゃ~るが休憩会場となりました
冷たい水をもらう参加者の画像
休憩会場では、おいしい水が配られました
水力発電館を見学する参加者の画像
水力発電館の中を興味深そうに見学していました
風景を撮影する参加者の画像
きれいな景色を撮影する姿も見られました
西脇順三郎詩碑の脇を歩く参加者の画像
コースの途中には、西脇順三郎詩碑もありました
ゴールする参加者の画像
ゴール会場で完歩賞をもらう子どもたち
30回記念の抽選をする参加者の画像
第30回記念の抽選会では、当選の鐘の音が響いていました

JR小千谷発電所一般公開

会場を訪れる河岸段丘ウォーク参加者の画像
河岸段丘ウォークの参加者が続々と訪れました
発電所を見学している親子の画像
めったに見られない発電所内部の見学に、ヘルメットをかぶって出発!
ミニ新幹線に乗る親子の画像
ミニ新幹線に乗って、みんないい笑顔
屋台で遊ぶ子どもの画像
スーパーボールすくいは子どもたちに大人気でした