ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年4月 > 第29回信濃川河岸段丘ウォークが開催されました

第29回信濃川河岸段丘ウォークが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月6日更新

4月29日(昭和の日)、第29回となる信濃川河岸段丘ウォークが開催され、今年は12~50キロメートルの5つのコースに約2,200人が参加しました。
当日は雨の降る肌寒い天候でしたが、市内を回る12キロメートルのコースには約1,600人が参加し、家族や友人と談笑しながら新緑の中でのウォーキングを楽しんでいました。

山本山中腹の休憩所ではとん汁やおいしい水がふるまわれ、今年7月にオープンする「小千谷市民の家・小千谷信濃川水力発電館」が一部休憩所として開放されました。
柏崎市から参加したという2人組の女性は、「今年で3回目の参加です。少し肌寒かったのですが、休憩所でいただいたとん汁が温かく、とてもおいしく感じられました。来年は記念すべき第30回となるので、ぜひ来年も挑戦したいです」と話してくれました。

また、河岸段丘ウォークの開催に合わせて一般公開されたJR小千谷発電所では、発電所施設の見学会やレールを走るミニ新幹線の乗車体験などさまざまなイベントが行われ、会場には子どもたちの笑い声が響き渡っていました。

宣誓を行う子どもたちの画像
悪天候のため、開会式は総合体育館内で行われました
総合体育館を出発する参加者の画像
総合体育館を一斉にスタート!
新緑の中を歩く参加者の画像
新緑の中を楽しそうに歩いていました
調整池の周辺を歩く参加者の画像
強い風にあおられながら山本山を登っていきます
市民の家の屋上から撮った休憩所の画像
途中の休憩所にはおおぜいの方が立ち寄りました
とん汁を受け取る参加者の画像
おいしいとん汁が雨で冷えた体を温めてくれました
休憩所でとん汁を食べる参加者の画像
オープン前の「小千谷市民の家・小千谷信濃川水力発電館」の一部も休憩所として開放されました
芝生で昼食を食べる参加者の画像
外で昼食を食べる参加者もいました
雨の中を歩く子どもの画像
小さな子どもも傘を差して懸命に歩きます
雨の中を歩く子どもたちの画像
びしょ濡れになりながらも元気に歩く子どもたち
完歩賞を受け取る参加者の画像
「お疲れ様でした!」完歩賞が渡されました
熊本地震の募金をする参加者の画像
ゴール会場では、熊本地震の募金活動も行われていました

JR小千谷発電所一般公開

ミニ新幹線に乗る子どもたちの画像
ミニ新幹線で出発進行!
自転車をこぐ子どもの画像
自転車をこいで発電すると、電車の模型が動きます
スーパーボールすくいをする子どもたちの画像
スーパーボールすくいは子どもたちに大人気でした
ぬり絵を楽しむ子どもたちの画像
真剣な表情でぬり絵をする子どもたち