ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年7月 > おぢゃ~るオープニングイベントが開催されました

おぢゃ~るオープニングイベントが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月28日更新

7月24日(日曜日)、市民の家・小千谷信濃川水力発電館「おぢゃ~る」で同施設のオープニングイベントが行われ、市内外から約1,500人が訪れました。

水力発電館には、電車の運転を体験できるシミュレーターや水力発電のしくみを紹介するジオラマ、取水から発電までの流れを描いた幅40メートルの絵巻物などがあり、体験しながら発電について学べる施設に、大人も子どもも大満足の様子でした。
そのほか、ミニSLの試乗や鉄道模型の展示、雪山、木工体験などのさまざまなコーナーが設けられ、子どもたちは元気いっぱいに遊んでいました。

市民の家を見学していた高校生2人組に声をかけると、「建て替え前の市民の家に泊まったことがあるので、見違えるほどきれいな建物になっていて驚きました。新しい市民の家にも泊まりに来てみたいです」と笑顔で答えてくれました。
また、芝生広場で遊んでいた家族は、「子どもが一日中楽しめる施設が市内にできて嬉しいです」と話していました。

8月には木工教室や廃屋アートなどのイベントを行う「おぢゃ~る」。今後も楽しいイベントを企画していく予定ですので、ぜひ足を運んでください。

施設見学

電車の運転シミュレーター体験をする子どもたちの画像
電車の運転シミュレーター体験。運転士気分で楽しんでいました
おもちゃの電車を見ている子どもの画像
間近で見るおもちゃの電車に釘づけでした
水力発電の仕組みを見ている来場者の画像
水を使って発電するしくみが学べます
絵巻物を見ている来場者の画像
発電設備の規模を表した幅40メートルの特大絵巻物
小千谷信濃川水力発電館を見学する来場者の画像
おおぜいの方が施設見学に訪れました
浴室を見学する親子の画像
「10人くらい入れそう!」市民の家の広いお風呂に驚いていました

イベントコーナー

ミニSLに試乗している来場者の画像
ミニSL試乗コーナーは子どもたちに人気でした
鉄道模型を見ている親子の画像
80分の1スケールの鉄道模型も展示されていました
科学実験のコーナーで遊ぶ子どもたちの画像
「風船が縮んだ!」青空の下で科学教室
雪山で遊ぶ子どもたちの画像
雪山の上はひんやりしていました
キャンプ用品の画像
キャンプ用品の展示や火おこし体験なども行われました
賑わう飲食店コーナーの画像
飲食店コーナーもにぎわっていました
木工体験をする子どもたちの画像
木工体験コーナーでは、木を使って動物を作っていました
おじゃーるの建物と芝生広場の画像
広い会場でたくさんのイベントを楽しんでいました