ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年11月 > 「ふるさとおぢや検定」が行われました

「ふるさとおぢや検定」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

11月30日(日曜日)、小千谷についての知識を競う「ふるさとおぢや検定」がサンプラザで開催され、59人が受験しました。
参加者は小千谷の歴史や雑学など50問の難問に挑みました。50問中35問以上正解した方には認定証が贈られ、最高得点者には、熱気球試乗体験などができる小千谷満喫セットが贈られます。
実際に出題された問題からいくつかを紹介します。

問題「市民憩いの山・山本山の標高は何メートルでしょう?」
(1)112メートル(2)336メートル(3)634メートル

問題「江戸時代から明治時代に活躍した偉人で、『三元素略説』という本をまとめ、明治3年には政府に対して太陽暦への改正を申し出、実現した人物の名前は?」
(1)広川晴軒(2)佐藤雪山(3)木村東眠

問題「2012(平成24)年での小千谷市立図書館の本の数は何冊でしょう?」
(1)61,022冊(2)101,022冊(3)141,022冊

真剣に問題に挑む受験者のみなさんの画像
受験者のみなさんは真剣な表情で問題に挑んでいました

正解は順番に(2)、(1)、(3)でした。