ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成29年2月 > ベトナムから錦鯉関係者を招待しました(2月12日-13日)

ベトナムから錦鯉関係者を招待しました(2月12日-13日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月14日更新

市の魚「錦鯉」の需要は近年ベトナムでも高まりつつあり、昨年行われたベトナム最大の日本との交流イベント「ジャパンフェスティバル・イン・ベトナム」でも好評を得ています。
市は、ベトナムへの販路をさらに拡大することを目的に、現地のバイヤーらを招いて市内養鯉施設を案内しました。
ベトナム人バイヤーたちは、錦鯉の育て方について生産者に熱心に質問したり、生けすを泳ぐ錦鯉を写真に収めたりしていました。また、休憩に立ち寄った「JA越後おぢや錦鯉センター」でも、養鯉用品を興味深そうに見て回り、使い方や値段を確認していました。

生産施設で錦鯉を観察するベトナム人養鯉業者たちの画像①
熱心に観察する姿は、ベトナムでの錦鯉需要の高まりを感じさせました
生産施設で錦鯉を観察するベトナム人養鯉業者たちの画像②
インターネット上で情報を発信するブロガーも施設を見学しました
販売用の養鯉用品を見て周るベトナム人養鯉業者たちの画像
販売用の養鯉用品の説明を受けるバイヤーたち
養鯉用品を購入するベトナム人養鯉業者たちの画像
実際に養鯉用品を買っていく人もいました