ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年10月 > はつらつママさんバレーボールin(イン)小千谷が開催されました

はつらつママさんバレーボールin(イン)小千谷が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月7日更新

10月4日(土曜日)・5日(日曜日)、総合体育館で市制施行60周年を記念し、宝くじの社会貢献広報事業として「はつらつママさんバレーボールin(イン)小千谷」が開催されました。

大古誠司さん、江上由美さん、大山加奈さんをはじめ、バレーボールの世界大会やオリンピックなどで活躍した一流選手がドリームチームを結成し、地元のママさんチームと対戦しました。また、指導者クリニック、バレーボール教室、アトラクションなど各種イベントも開催されました。
5日のフレンドリーマッチには、入場者が1400人を超え、会場は熱気と大声援に包まれました。

10月4日(土曜日)

指導者クリニックが行われ、大古誠司さんや坂本清美さん、大山加奈さんから、効果的な練習方法や指導者としての心構えなど、実技指導のポイントなどを指導していただきました。

講師の画像
講師のみなさん
ストレッチを指導する大山さん
ストレッチを指導する大山さん
レシーブを指導する坂本さん
レシーブを指導する坂本さん
アタックを指導する大古さん
アタックを指導する大古さん

 10月5日(日曜日)

午前はバレーボール教室が行われ、ドリームチーム全員から、ママさんバレーボールチームや、地元の中学生などに技術指導が行われました。
午後は、オープニングイベントとして市内のよさこいチームによる演舞、開会式、チーム対抗のアトラクションゲームが行われ、その後フレンドリーマッチへと続きました。
フレンドリーマッチでは、ドリームチームが開催地代表3チームを相手に親善試合を行いました。大古さんの解説付きで行われた試合は、大山さんや佐々木さんの大迫力のスパイクや、チームの息の合ったプレーに大歓声があがっていました。残念ながら地元チームは負けてしまいましたが、会場からは大きな声援が送られていました。
また試合後には、ドリームチームのサイン入りボールなどが当たるドリーム抽選会が行われ、会場は最後まで盛り上がっていました。

全員で準備体操をする画像
全員で準備体操を行いました
指導する選手の画像
指導の様子
中学生に指導する大山さんの画像
熱心に指導していただきました
指導する杉山さんの画像
真剣に指導を受けていました
指導する大古さんの画像
迫力ある大古さんの指導
オープニングでよさこいを演舞する画像
オープニングイベントではよさこいが披露されました
アトラクションの画像
アトラクションではチーム対抗のゲームが行われました
大山さんのアタックの画像
大迫力の大山さんのアタック
佐々木さんのアタックの画像
打点の高い佐々木さんのアタック
ブロックするドリームチームの画像
ブロックの高さもさすがです
地元チームのブロックする画像
地元チームも負けじとブロック
抽選会を行う画像
試合後にはドリーム抽選会が行われました