ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

教育体験旅行が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月28日更新

5月21日(水曜日)~23日(金曜日)にかけて、東京都杉並区立和田中学校の3年生143人が修学旅行で小千谷市を訪れ、市内農家などに民泊しながら農作業などを体験しました。

初日は、冬井の田んぼで生徒全員が田植え体験を行いました。雨の降るあいにくの天候でしたが、生徒たちは一生懸命田植えに挑戦していました。
2日目はそれぞれの受け入れ家庭で、農作業体験、ちまき作りやそば打ち体験などを行いました。
最終日は総合体育館で閉村式が行われました。式では生徒たちによる「ふるさと」の合唱が披露され、受け入れ家庭のみなさんはその歌声に聴き入っていました。
見送りでは、生徒の「また来ます」の声に、「また来てね」と受け入れ家庭のみなさんが返す場面もあり、それぞれ別れを惜しんでいました。

小千谷市では、平成19年度から首都圏中学校の教育体験旅行受け入れを始め、今年度は7中学校1,057人を受け入れる予定です。

田植え体験を行う生徒の画像
周囲には生徒たちの元気な声が響き渡っていました
冬菜摘みをする生徒の画像
雨に負けず、たくさんの冬菜を摘みました
ちまき作りをする生徒の画像
おいしいちまきができるか楽しみです
そば打ち体験をする生徒の画像
布のりを使った小千谷のそば打ちに挑戦しました
受け入れ家庭の方々に合唱を披露する生徒の画像
生徒たちの「ふるさと」の合唱に聴き入りました
バスから手を振る生徒とそれを見送る受け入れ家庭の方々の画像
みなさんまた小千谷に遊びに来てくださいね