ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > 市内各地で小正月行事が行われました

市内各地で小正月行事が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新

1月13日(日曜日)を中心に、市内各地で小正月行事が行われました。

さいの神行事は、1月11日の時点で消防本部に83件の届出があり、その約9割が13日(日曜日)に行われました。

小千谷市内でも地域によってその風習は異なり、鳥追いなどの伝統行事を行う地域もあったほか、片貝地区では、県内でも最大級といわれるさいの神行事が行われました。昼夜2回の福もちまきや夜には花火も打ち上げられ、それぞれが小正月の行事を楽しんでいました。

拍子木を打ちながら町内をまわる子どもたちの画像
子どもたちが拍子木を打ちながら、町内を歩きました(鳥追い/岩沢・桂地区)
火を囲んで鳥追いをする住民の画像
大きな火柱を中心に歌いながら周りを歩きました(鳥追い/塩殿)
さいの神に注連縄などを巻き、火をつける住民の画像
持ち寄った注連縄(しめなわ)などをしっかりと巻きつけ、点火しました(真人・中山地区)
勢いよく燃える火でするめを焼く住民の画像
長い棒を使ってするめを焼いていました(真人・石名坂地区)
さいの神を囲む住民の画像
地域のみなさんが見守る中、勢いよく燃えていきました(岩沢・山谷地区(1))
さいの神を囲む住民の画像
さいの神を囲み、天神囃子をうたいました(岩沢・山谷地区(2))
さいの神の火でするめを焼く住民の画像
多くの住民がさいの神の火と煙でするめを焼いていました(岩沢・桂地区)
とん汁を渡す町内役員の画像
温かいとん汁がふるまわれました(木津団地)
燃えるさいの神を見守る住民の画像
二荒神社の境内でも厳かに行われました(本町)
さいの神を見守る住民の画像
注連縄のほか、たくさんのだるまも一緒に燃やされました(東栄)
おんべを拾う住民の画像
おんべを見事にキャッチしました(上ノ山5)
餅まきをしている画像
投げられた福餅に、おおぜいの人が手を伸ばしていました(船岡)
燃える炎を見守る住民の画像
激しく燃えるさいの神を見守っていました(藪川)
2つのさいの神を同時に行っている画像
市内では珍しく、2つのさいの神が同時に点火されました(時水(1))
燃えるさいの神の画像
子どもたちの書き初めなども燃やしていました(時水(2))
燃えるさいの神におんべをかざしている画像
ふるまわれたもつ煮を手に、おんべが飛ぶのを見守っていました(時水(3))
勢いよく燃えるさいの神とおんべをかざす住民の画像
厄年や役員の方が次々におんべをあげました(城内)
さいの神が燃える様子を見守る住民の画像
雪に覆われた慈眼寺の境内でも行われました(平成2)
一生懸命にするめを焼く子どもたちの画像
子どもたちも楽しそうに参加していました(桜町・二宮地区)

勢いよく燃えるさいの神と舞うおんべの画像
激しい炎と煙で、おんべも空高く舞い上がりました(千谷・中通、新栄町)

するめを持ってさいの神のまわりに集まる住民の画像
火が下火になってから、みなさん集まってするめや餅を焼いていました(桜町・油新田地区)
さいの神におんべをあげている画像
おんべは風上から燃えないようにかざしていました(三仏生)
町内をまわる子どもたちの画像
子どもたちが町内を回りました(もっくらもち/片貝)
さいの神を囲むおおぜいの住民の画像
県内有数の大きさといわれる片貝のさいの神(片貝)