ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

楽しい遊び、いっぱい!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月22日更新

6月19日(日曜日)、東小千谷体育センターで「子どもの遊びのひろばin小千谷」が行われました。
これは、新潟県子ども会育成連合会が、子どもたちの「つながり」と「集いの場所」を提供するために県内各地で開催しているもので、県内の子ども会など7団体が集まり、いろいろな遊びや工作を教えてくれました。
会場には410人の親子連れなどが集まり、幅広い年代の人が一緒になって、積み木や折り紙、紙とんぼ作りなどを楽しんでいました。
両端にゴム球のついたひもを投げて得点を競う「ラダーゲッター」や、石を動かして遊ぶボードゲームの「マンカラ」など、子どもたちにとって初めての遊びもありましたが、教えてもらうとすぐにコツをつかみ積極的にチャレンジしていました。
お子さんと訪れた女性は「普段、家ではなかなかできない遊びを教えてもらえて楽しいです。1か所でいろいろな遊びができるところもいいですね」と話していました。
指先を使ったり、手足を使ったり、頭を使ったり。会場中に子どもたちの楽しそうな声が響いていました。

会場全体の画像
広い体育館いっぱいに遊びのコーナーがありました
ラダーゲッターで遊ぶ子どもの画像
ラダーゲッター。初めての遊びに夢中でした
マンカラで遊ぶ子どもたちの画像
マンカラ。頭を使って世代を超えた真剣勝負
積み木で遊ぶ子どもたちの画像
届くかな?自分の背より高く積んでいました
折り紙をする親子の画像
お母さんも一緒に折り紙を楽しみました
スライムづくりをする子どもの画像
大人気のスライム作り。教えてくれたのは中高生のボラン
ティアでした