ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年10月 > 第35回健康福祉まつりが開催されました

第35回健康福祉まつりが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日更新

健康福祉展福祉ふれあいフェスティバルトリム・ウォーキング

健康福祉展

10月9日(日曜日)、総合体育館で「健康福祉展」が行われました。
市内の保健、医療、福祉などの関係団体による展示や体験、専門家の相談コーナーなどが設けられました。
また、今月から始まった健康ポイント事業をより多くの方に知っていただくため、連携している新潟大学の学生たちによる体力・ヘルスチェックが行われるなど、来場者の関心を集めていました。

民生委員制度を宣伝する画像
民生委員による「ちんどん屋」
健康クイズにチャレンジする来場者の画像
健康クイズにチャレンジ!
折り紙を折る来場者の画像
折り紙で頭の体操
輪投げをする親子の画像
親子遊びを楽しみました
自主製品を販売する団体の画像
自主製品の販売などでにぎわいました
運動機能をチェックする来場者の画像
立ち上がり測定や反応検査で、日頃の運動機能をチェック
抽選会の画像
大盛況の抽選会、うれしい商品ゲット!
人権キャラクターの画像
会場にはゆるキャラも登場!

福祉ふれあいフェスティバル

10月9日(日曜日)、サンラックおぢやでは「福祉ふれあいフェスティバル」が行われました。
会場では手話や点字の体験コーナーのほか、福祉団体による自主製品の販売やステージ発表などがあり、こちらもおおぜいの人でにぎわっていました。
おもちゃ広場にはダンボールで作った巨大迷路やたくさんのおもちゃがあり、子どもたちも大喜びでした。

自主製品の販売を売る団体の画像
自主製品を販売していました
おもちゃを直している画像
おぢやトイクリニックも盛況
ゲームに参加する子どもたちの画像
5つのゲームにチャレンジ
ドライフラワーで作品作りをする来場者の画像
きれいなドライフラワーで手作り作品

第39回小千谷トリム・ウォーキング大会

10月10日(体育の日)、第39回小千谷トリム・ウォーキング大会が開催されました。
当日は、12キロメートルのコースに200人、8キロメートルのコースに130人、わくわくコースに244人の計574人が参加しました。
参加したみなさんは、太田ダムやお満ヶ池などで秋の景色を楽しみながら、それぞれのコースで汗を流していました。白山運動公園に5種類のアトラクションゲームが設けられたわくわくコースでは、子どもたちが楽しそうにゲームに挑戦していました。
ゴール後にはとん汁のサービスがあり、みなさんおいしそうに食べていました。

スタート時の画像
総合体育館からスタートしました
歩く親子連れの画像
小さな子どももがんばって歩きました
太田ダムを歩く参加者の画像
12、8キロメートルコースの途中にある太田ダム
綱渡りをする子どもの画像
わくわくコースでアトラクションに挑戦する子どもたち
ゴールする親子連れ画像
ゴール!無事に歩き切ることができました
とん汁を食べる参加者の画像
ゴール後、暖かいとん汁が参加者にふるまわれました