ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成29年度 > 平成29年11月 > 東山五人杵つき餅見学会が行われました(11月19日)

東山五人杵つき餅見学会が行われました(11月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月21日更新

東山住民センターで、東山五人杵搗き餅保存会による餅つきの見学会が行われました。
この日は270キログラムのもち米が用意され、臼の周りを5~6人のつき手のみなさんが取り囲み、掛け声とともにリズミカルに餅をついていきました。
餅つき終盤に、杵を持ち上げ餅が広がる「餅の花」が咲くと、会場から拍手と歓声が上がり、雑煮やきな粉、大根おろしなどで、見学に訪れた48人にふるまわれました。
毎年参加しているという親子は、「つきたてのお餅はやっぱりおいしいですね。ここのお餅は特にこしが強くて食べ応えがあるので、いつも楽しみにしています」と話していました。

この見学会は、11月26日、12月3日、10日、17日(いずれも日曜日)にも行われます。東山住民センター(電話番号:0258-59-2003)へ申し込みのうえ、ぜひご参加ください。

餅を搗く関係者の画像
リズミカルに餅をついていきます
餅の花の画像
見事な「餅の花」が咲きました
つきたての餅を伸ばしている画像
つきたての餅を平らに伸ばします
餅を小さくちぎって分けている画像
手早く餅を分けていきます
伸びる餅を食べている来場者の画像
おいしそうに餅を頬張っていました
おおぜいの人で賑わう会場の画像
お腹いっぱいになるまで、いろんな味の餅を食べました