ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成24年度 > 平成25年1月 > 市民ふれあい交流【冬の巻】が開催されました

市民ふれあい交流【冬の巻】が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月5日更新

1月27日(日曜日)、サンラックおぢやで市民ふれあい交流【冬の巻】が開催されました。

会場では、こま回しや羽根つき、福笑いなどお正月にちなんだ昔あそびコーナーが設けられ、おおぜいの子どもたちがボランティアさんの指導のもと、楽しそうに遊んでいました。
また昨年10月に誕生した小千谷市ボランティアセンターマスコットキャラクターの「ラビー」もお披露目され、子どもたちと握手をしたり、記念撮影をしたりと、早くも人気者になっていました。

お昼には、餅つきが行われ、大人に混じって子どもたちも参加し、元気な掛け声で餅をついていました。
つきあがったお餅はきな粉やあんこをかけて、来場者のみなさんでおいしそうに食べていました。

そのほかにも駄菓子屋やくじ引きコーナー、おもちゃ病院などさまざまな催しがあり、来場されたみなさんは楽しそうに冬の一日を過ごしていました。

まゆ玉づくりをする来場者の画像
おおぜいの方がお正月飾りのまゆ玉をつくりました
小千谷市ボランティアセンターマスコットキャラクター「ラビー」の画像
かわいらしい「ラビー」の登場に、会場からは歓声があがりました
ジャンボだるま落としをする子どもの画像
「えいっ!」ジャンボだるま落としに挑戦です
羽子板卓球をする子どもの画像
お正月らしく、羽子板で卓球をしました
餅つきをする子どもの画像
「ヨイショ、ヨイショ」と子どもたちも餅つきに参加しました
おもちゃを修理するおもちゃ病院ドクターの画像
会場にはおもちゃ病院も開設され、ドクターは大忙しでした