ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成27年2月 > 富久寿大学のみなさんが小学生と陶芸で交流しました

富久寿大学のみなさんが小学生と陶芸で交流しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月3日更新

富久寿大学陶芸クラブのみなさんと小千谷小学校5年生の児童が、陶芸を通じた世代間交流事業を行いました。
2月24日(火曜日)には、事前に粘土を成形し、色付けされた器が焼き上がり、陶芸クラブのみなさんから児童へ手渡されました。
児童たちは、自分で作った器と、友達の器を見比べながら、楽しそうに感想を話していました。
その後、クラブのみなさんと児童が一緒にソフト麺の給食を食べるなどして、世代間の交流を深めていました。

陶芸クラブの方から器を受け取る児童の画像
焼き上がった器はひとつひとつ児童へ手渡されました
嬉しそうに器を手に取る児童の画像
自分で作った器を持って嬉しそうです
友達の作品を眺める児童の画像
みんな力作揃いです
一緒に給食を食べるクラブの方と児童の画像
一緒に給食もいただきました