ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年10月 > 中越大震災から10年 各地で式典・イベントが開催されました

中越大震災から10年 各地で式典・イベントが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月31日更新

10月23日(木曜日)、中越大震災から10年となるこの日にあわせて、各地で式典やイベントが開催されました。

新潟県中越大震災10周年合同追悼式小千谷市中越大震災10周年式典防災給食「明日へ伝える」モニュメント贈呈式・点灯式結びの灯~感謝を胸に、未来へGO~

新潟県中越大震災10周年合同追悼式

アオーレ長岡で、新潟県中越大震災10周年合同追悼式が開催され、黙祷や献花、長岡市内の小学校・中学校の児童・生徒による合唱などが行われました。

献花を行っている画像
献花が行われました
合唱を行う児童生徒の画像
児童・生徒による合唱

<ページの先頭へ戻る> 

小千谷市中越大震災10周年式典

市民会館で、小千谷市中越大震災10周年式典が開催され、遠方からご臨席いただいたご来賓のみなさんをはじめ、おおぜいの方からご列席をいただきました。
式典前半は、ご来賓のみなさんからのご挨拶や電報の紹介、黙祷や献花が行われ、中越大震災で犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りしました。
後半は、「中越大震災の日」を定める条例の制定、市の魚「錦鯉」についての報告が行われた後、市長による誓いの言葉「未来への挑戦」が読み上げられました。

最後に、東小千谷小学校の児童による「ゆめいっぱい小千谷」の合唱で感動的な閉式となりました。

献花を行う画像
献花が行われました
合唱を行う児童・生徒の画像
児童による合唱

「未来への挑戦~震災を乗り越えて、新しい小千谷へ」 [PDFファイル/124KB]

<ページの先頭へ戻る>

防災給食

震災を経験していない児童生徒の防災意識と生きる力の向上を目指し、市内の小学校、中学校、総合支援学校で「中越大震災の日」防災給食を提供しました。
メニューは炊き出し風おにぎりとレトルトの「救急カレー」、小千谷産の農産物などを使用した「おぢやの元気汁」で、子どもたちは防災意識を高めながら給食を食べていました。

防災給食の画像
防災給食のメニュー
防災給食を食べる子どもたちの画像
元気に防災給食を食べる児童

<ページの先頭へ戻る>

 「明日へ伝える」モニュメント贈呈式・点灯式

楽集館で、株式会社高山様から市へ寄附されたモニュメントの贈呈式と点灯式が行われました。
「明日へ伝える」と刻印されたモニュメントが贈呈され、阪神大震災の犠牲者を追悼するガス灯「1.17希望の灯り」が点灯されました。この「希望の灯り」は、神戸の被災者の方々と交流を続ける市内ボランティア団体「SVTS風組」が分灯を受けました。

記念碑贈呈の画像
モニュメントを贈呈していただきました
ガス灯設置の画像
「1.17希望の灯り」が灯されました

<ページの先頭へ戻る>

結びの灯~感謝を胸に、未来へGO~

総合体育館で、灯篭の点火と復興記念コンサートが開催されました。
先週末に行われた「おぢゃれ元気フェスタ」で、来場者が描いた灯篭を総合体育館の玄関前やコミュニティ広場で灯しました。また、国民的アイドルグループ「AKB48」による復興記念コンサートが行われ、中越大震災から10年を迎えた被災地を歌で応援しました。

灯篭の画像
コミュニティ広場に灯された、たくさんの灯篭
AKB48と記念撮影する会場のみなさんの画像
コンサートの最後にみんなで記念撮影を行いました

<ページの先頭へ戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)