ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

文化財防災訓練が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月30日更新

毎年1月26日は文化財防火デーです。
それに先立ち、1月23日(水曜日)に慈眼寺境内で町内会、自主防災会、消防団、消防署による防災訓練が実施されました。

午前10時30分に火災発生を知らせるベルが周囲に鳴り響き、それを合図に建物から文化財の搬出が行われました。その後、放水訓練や消火器を使った初期消火なども行われ、終始、緊迫感のある訓練となりました。

また、慈眼寺境内にある幼稚園の避難訓練も同時に行われ、先生方の誘導のもと、おおぜいの園児たちが順番に外へ避難していました。

文化財を避難させている画像
貴重な文化財が火災の被害にあわないように、しっかりと搬出を行います
慈眼寺に向けて放水訓練を行う画像
慈眼寺本堂への放水訓練 
頭巾を被って避難する小千谷幼稚園の園児たちの画像
きちんと防災頭巾を被り、あわてず避難できていました
消火器訓練を見学する小千谷幼稚園の園児たちの画像
園児たちは大きな火と煙に圧倒されながら見学していました