ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

防災ツアーが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月29日更新

8月18日(土曜日)・19日(日曜日)、杉並区と小千谷市の小学生が交流しながら防災について学ぶ「”心の絆”楽しく学ぶ防災ツアーin(イン)小千谷」が行われました。

このツアーはおぢや復興ネットワークが企画したもので、災害時相互援助協定を結んでいる杉並区の小学生11人と市内の小学生20人が、そなえ館や市民の家などで防災プログラム、炊き出し体験、避難所体験などを一緒に行いました。

1日目はそなえ館を見学し、スライドショーを使った防災紙芝居や液状化の様子を観察するゲームなどを行いました。
夕方からは市民の家に移動し、災害時の避難生活を疑似体験しました。
特に炊き出し体験では、慣れない屋外でのカレー作りに悪戦苦闘しながらも、最後には出来上がったカレーをおいしそうに笑顔で食べていました。
2日目は野菜の収穫体験を行い、山本山や錦鯉の里を見学しました。

短い時間でしたが、お互いに交流を深め、楽しみながら防災意識を高めることができたようです。

そなえ紙芝居に見入る児童の画像
そなえ紙芝居に真剣に見入っていました 
ボトルをたたいて液状化を観察する児童の画像
液状化現象は日常の道具で簡単に再現できます
屋外での炊き出しの画像
ご飯もみんなで協力して作っていました     
薪割りに挑戦する児童の画像
初めての薪割りにチャレンジ!
漬物を作る児童たちの画像
よーく揉んで、おいしい漬物を作ります
炊き出し体験をする児童の画像
火加減はこれくらいでいいかな?
カレーを盛る児童の画像
おいしそうなカレーが出来上がりました
出来上がったカレーを食べる児童たちの画像
手作りカレーをパクリ。思わず笑みがこぼれます