ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年8月 > 旧市民の家でアート体験が行われました

旧市民の家でアート体験が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月30日更新

8月21日(日曜日)、山本山の旧市民の家で廃屋アート体験が行われました。

このイベントは、この秋解体される旧市民の家とのお別れを前に、子どもたちにアートに触れてもらおうと企画したものです。
東京都の阿佐ヶ谷美術専門学校の生徒を講師に招いて、外壁を使ったスプレーアートや、古い食器を使った創作アートなどが行われました。
子どもたちは、建物全体を使った創作活動という普段できない体験に最初は興奮した様子でしたが、作り始めると集中した面持ちでそれぞれのアートに取り組んでいました。

また、美術専門学校生たちによる旧市民の家の小部屋を使った創作アートも併せて行われ、8月23日(火曜日)~28日(日曜日)までの間、廃屋アート美術館として一般公開されました。

スプレーアートをする子どもの画像
お別れする旧市民の家に最後の化粧をしていきます
美術専門学校生の説明を聞く子どもたちの画像
美術専門学校生たちが作品作りをサポートしました
やかんに色を塗る男の子の画像
食器に色を付けて作品を作ります
鍋に色を塗る女の子の画像
丁寧にスポンジで色を付けていきます
アートの家外観の画像
旧市民の家はアートの家に様変わりしました
美術専門学校生の作品①
作品名「OJIYAZOO(オヂヤズー)」
美術専門学校生の作品②
作品名「Spruce(スプルース)」
美術専門学校生の作品③
作品名「浸潤」
美術専門学校生の作品④
作品名「針の談笑」
美術専門学校生の作品⑤
作品名「To★」