ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年11月 > 高齢者宅で火災警報器などの点検が行われました

高齢者宅で火災警報器などの点検が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月18日更新

11月17日(木曜日)・18日(金曜日)、消防署員と消防団員、社会福祉協議会の職員が市内の一人暮らし高齢者のお宅を訪問し、火災予防を呼びかけました。
これは、火災予防週間の実施期間に合わせて毎回行っているもので、今回は2日間で16世帯を巡回訪問しました。

訪問先ではまず、消防署員が設置されている火災警報器が正常に作動するか、消火器はあるかなどの確認と点検を行いました。
その後、消防団員が火災予防のパンフレットを手渡しながら、特に気を付けてほしいことなどを説明していました。
また、社会福祉協議会の職員は、日常生活で困っていることがないかなどの聞き取りを行い、「いつでも相談してください」と声をかけていました。
78歳の女性は、「火を使うものはすべて目の届くところにあります。これからも目を離さないように気をつけます」と話していました。

これからますます寒くなるため、ストーブなどの暖房器具を使用する機会が増えます。使用中はその場を離れず、火災予防に努めましょう。

火災報知器の点検をしている消防署員と高齢者の画像
火災警報器をひとつずつ点検していきました
消火器の点検をする消防署員と高齢者の画像
設置されている消火器を点検しました
火災予防のチラシを手渡して説明する消防団員の画像
火災予防のポイントなどを伝えていました
困りごと相談のチラシを手渡して説明する社会福祉協議会職員の画像
「困りごとなどがあったら相談してくださいね」