ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 統計 > その他の統計 > 令和2年国勢調査を実施します

令和2年国勢調査を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月25日更新

令和2年国勢調査について

国勢調査は、日本に住むすべての人と世帯を対象として実施する国の最も基本的で重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて全国一斉に実施します。

大正9年(1920年)の第1回調査以来、5年ごとに行われ、今回の第21回調査で調査開始100年の節目を迎えます。

調査の結果は、福祉施策や生活環境整備、災害対策など、日本の未来をつくるために欠かせない様々な施策の計画策定などに利用されます。

一人ひとりの正確なデータが必要となる大事な調査ですので、調査に対するご理解とご協力をお願いします。

国勢調査2020総合サイト (別のタブで開きます)

調査期日

令和2年10月1日現在 (調査期間:令和2年9月中旬~10月下旬)

調査対象

日本にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)および世帯

調査事項

「男女の別」、「配偶の関係」、「就業状態」、「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」など16項目

調査方法

総務大臣が任命した国勢調査員が世帯を訪問し、調査票の配布と調査の説明をします。

回答は、パソコンやスマートフォンなどからインターネットで24時間いつでもできます。

インターネット回答について(総務省統計局) (外部サイト)

また、記入した紙の調査票を郵送提出することもできます。

期限までに回答がなかった世帯には、調査員が訪問し調査票を回収します。

インターネットでの回答期間

令和2年9月14日(月曜日)から令和2年10月7日(水曜日)まで

調査票(紙)での回答期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和2年10月7日(水曜日)まで

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、調査員が訪問するときはできる限り世帯の皆様との対面を避け、原則インターホン越しで調査説明を行い、調査票は郵便受け等に投函します。

なお、対面での説明が必要なときは、一定の距離を保ちながら簡潔に行います。

市民の皆様と調査員の安心・安全を確保するため、ご理解とご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査の実施について(総務省統計局) (外部サイト)

個人情報の取扱いについて

国勢調査は、「統計法」(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査です。

統計調査に従事する者には守秘義務が課せられており、調査で知り得た情報を他人に漏らすことはありません。

また、調査で得られた情報は、統計法で認められている統計の作成・分析の目的にのみ使用されます。調査の結果が税金の徴収などの統計の目的以外で使用されることは一切ありません。

統計調査員を装った「かたり調査」にご注意ください

統計調査実施の際は、必ず身分証を携帯した統計調査員が訪問し、調査のお願いをします。

なお、統計調査をかたる不審な電話や訪問がありましたら、下記までお問い合わせください。


<関連リンク>

国勢調査総合サイト 

 国勢調査2020総合サイト -総務省統計局- 
 https://www.kokusei2020.go.jp/ (別のタブで開きます)