ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

錦鯉の購入及び飼育について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月10日更新

錦鯉のはじまり

錦鯉が初めて出現したのは、19世紀前半の江戸時代、文化・文政のころ。新潟県の二十村郷(現在の小千谷市・長岡市の一部)で、食用として飼われていた鯉に突然変異で色のついた「変わりもの」が現れたのが最初といわれています。
その後、雪深い小千谷の、主に山間地の人たちの手により研究と改良が重ねられ、現在のような見事な観賞魚となりました。

錦鯉の購入及び飼育について

錦鯉は室内のガラス水槽でも、屋外の池でも楽しんでいただくことができます。
錦鯉の購入及び飼育については、下記までお問い合わせください。

■小千谷市錦鯉漁業協同組合
〒947-0212 新潟県小千谷市大字南荷頃3060番地1
電話番号:0258-41-1405
ファクス番号:0258-41-1406
メールアドレス:koi.boueki@bz03.plala.or.jp
ホームページ(社団法人新潟県錦鯉協議会内)はこちらから(別の窓が開きます)

小千谷市錦鯉漁業協同組合生産者名簿 [PDFファイル/149KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)