ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

市民提案箱

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月25日更新

市民のみなさんの声を市政運営に反映させるため「市民提案箱」を設置しています。
ご意見・ご提案については、原則として回答しますので、住所・氏名・電話番号などをお書きください。

「市民提案箱」設置場所

  • 市役所(市民ホール)
  • 片貝総合センター
  • 真人ふれあい交流館
  • 東山住民センター、岩沢住民センター、川井住民センター
  • 市民会館
  • 図書館
  • 総合体育館
  • 勤労青少年ホーム
  • わんパーク
  • 健康・こどもプラザ
  • 楽集館

このほか、市ホームページ、郵便、ファクスでも受け付けます。

個人情報の保護

記載された個人情報については、回答(連絡)以外の目的で使用しません。

回答しないもの

次のような場合には回答しません。あらかじめご了承ください。

  • 市内在住または在勤もしくは在学していない方
  • 特定の個人や団体を誹謗・中傷するもの
  • 特定の個人や団体の営利を目的とするもの
  • 選挙運動や宗教活動に関するもの
  • 住所、氏名などの記載がなく返信できないもの
  • 回答を希望しないもの
  • その他、「市民提案箱」設置の趣旨に不適当と判断されるもの

お寄せいただいたご意見・ご提案の一部を紹介します

お寄せいただいたご意見・ご提案の要旨を、氏名などの個人情報を伏せたうえで公開します。

令和元年度受付(24件)より
ご意見・ご提案の要旨市の回答・対応担当課
循環バスの便数を増やしてほしい。循環バスは、小千谷市公共交通協議会において、毎年運行状況を事業評価した上で見直しを行っています。
 平成29年4月に内外回り各6便(計12便)で運行を開始しましたが、年間約1900万円の赤字となり、国や市の補助金で補填しました。そのため、運行事業者である越後交通株式会社と協議し、赤字額を減らすように効率的な運行で路線を維持していけるように、平成30年4月に内外回り各4便(計8便)に減便するとともに、通勤・通学・通院などに合わせてダイヤ改正を実施しました。
 市内の路線バスは全路線が赤字であり、利用者の減少や運転手不足が深刻で非常に厳しい状況です。将来にわたって市民のみなさんの移動手段を維持していくとともに、便利にご利用いただけるよう、路線の維持と利便性向上に努めてまいりますので、引き続きご理解と路線バスのご利用をよろしくお願いします。

観光交流課地域振興係
問い合わせ:0258-83-3512

新しいわんパークのプレイスペースが狭く、中央の太い柱が危ない。
旧わんパーク2階の軽運動場のような走り回れるスペースがほしい。
プレイスペースの2本の柱については、建物を支える重要な柱であるため、建物の構造上、撤去することができません。プレイスペースのご利用にあたっては、お子様が衝突しないようお声がけをするなど、利用者に寄り添った対応を心掛けてまいります。
 また、軽運動場のような広場がない点については、プレイスペースの隣のキッズルームでは従来どおりボール遊びをしたり、かけっこなどをすることができますし、外遊びスペースもありますので、ぜひご利用いただきたいと思います。
※参考
健康・こどもプラザわんパーク(外遊びスペース含む):287・2平方メートル
旧子育て支援センターわんパーク:241・8平方メートル

健康未来こども課こども保育係
問い合わせ:0258-83-3640

    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)