ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成31年度 > 令和2年2月 > サケの稚魚放流が行われました(2月12日)

サケの稚魚放流が行われました(2月12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月14日更新

川井本田地内の信濃川で、サケの稚魚放流が行われました。
これは、信濃川の河川環境と水利用の調和を図ることを目的に、JR東日本と魚沼漁業協同組合の主催で行われたもので、市内では7回目の取組です。
当日は、青空の広がる快晴で、一般の参加者のほか、南小学校の2・4年生が参加し、約30,000尾のサケの稚魚を放流しました。
参加した児童は、「放流した稚魚が元気に帰ってきてほしい」と笑顔で話していました。

サケの人工ふ化について学ぶ児童の画像
始めに、サケの遡上について学びました
快晴の中、放流する参加者の画像
すばらしい景色の中で、放流が行われました
ゆっくりと放流する児童の画像
ゆっくりとバケツを傾けて放流していました
稚魚を放流する児童の画像
元気に帰ってきてね!
バケツの中で元気に泳ぐ稚魚の画像川辺と岸を何度も往復して放流する児童の画像
体長6~7センチメートル程の稚魚が元気に泳いでいました参加者は、稚魚を配る職員と川辺を往復して、何度も稚魚を放流していました