ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成30年度 > 平成30年10月 > 小千谷の若者が主体となってまちづくりに取り組む、オモシロ×マジメに創る会が行われました(10月21日)

小千谷の若者が主体となってまちづくりに取り組む、オモシロ×マジメに創る会が行われました(10月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月23日更新

市教育委員会が小千谷在住・在勤の20代~30代のみなさんを対象に、「住み続けたくなるおぢや」を作るためのワークショップを開催し、市内外から10人が参加しました。

参加者は「住み続けたくなるおぢや」を実現するための意見を出し合い、同世代の考え方に触れることで、新たな発見や気づきを得ていたようでした。
ワークショップの最後に行われた企画発表では、「移動式交流スペース」や「まちなかスナック」などの企画が出され、「挨拶や笑顔を広めたい」「仲間づくりを通じて小千谷への愛着がうまれるのでは」などの思いが語られました。

次回は12月2日(日曜日)に開催される予定です。

アイデアをふせんに書き出している画像
まずはふせんに「小千谷にこんなものがあったらいいな」と思うものを書き出します
他の人のアイデアを見ながら話し合う参加者の画像
それぞれのアイディアを見せ合いながら「小千谷縮を使ったら面白いかも…」など、いろいろな構想が膨らみます
アイデアを基に企画を考える参加者の画像
「住み続けたくなるおぢや」を実現するための企画を作りました
それぞれの考えた企画を発表する参加者の画像
みんなの前で企画を発表。個性的な企画がたくさん出てきました