ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成30年度 > 平成30年9月 > 小千谷の若者が主体となってまちづくりに取り組む、オモシロ×マジメに創る会が行われました(9月16日)

小千谷の若者が主体となってまちづくりに取り組む、オモシロ×マジメに創る会が行われました(9月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月19日更新

市教育委員会が小千谷在住・在勤の20代~30代のみなさんを対象に、「住み続けたくなる」小千谷を作るためのワークショップを開催し、15人が参加しました。
3つの班に分かれた参加者は、ダーツで決められた町内を歩きながら気になった風景などを写真に収め、マップを作成しました。
参加者は「ふだんは車で移動するので、歩くことで発見するものが多かった」「一人では見逃してしまうことも、みんなで歩くと気付くことができた」と感想を述べていました。
次回は10月21日(日曜日)に、今回作成したマップを参考にしてみなさんの想いをまとめます。

ダーツを投げて探検する町内を決める参加者の画像
どこの町内に行くのかな?
魚沼神社を散策する参加者の画像
土川町内では魚沼神社などを散策しました
本町商店街を散策する参加者の画像
本町町内では商店街を散策しました
船岡を散策する参加者の画像
船岡町内では船岡公園などに行きました
散策した場所を地図に落とし込む参加者の画像
各班が散策した場所を地図に落とし込みました
記念撮影をする参加者の画像
最後はみんなで記念撮影。次回もがんばろう!