ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 令和2年度 > 令和3年3月 > 「小千谷リビングラボ」(仮称)を開催しました(3月21日)

「小千谷リビングラボ」(仮称)を開催しました(3月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月24日更新

第1回「小千谷リビングラボ」(仮称)が開催され、会場のサンプラザには約70人の参加者が集まりました。
「小千谷リビングラボ」(仮称)は、旧小千谷総合病院跡地を活用した図書館等複合施設の整備に向けて、市民のみなさんと行政が共に考えていく場として立ち上げたものです。
グループワークでは、「リビングラボのあり方」について3つの問いからグループごとに1つの問いを決めて対話を行ったほか、現在仮称となっている「小千谷リビングラボ」の愛称を考えました。参加者のみなさんから、自然と笑いや拍手が起こるなど和やかな雰囲気の中で進められ、未来の施設への思いやアイディアを話し合っていました。
「小千谷リビングラボ」の愛称は、参加者全員の多数決で候補が4つに絞られ、最終的な決定は、市民のみなさんによる投票で決まります。
愛称の投票方法は決まり次第ホームページなどでお知らせします。

グループで対話を行う参加者の画像
最初に自己紹介や参加者同士の共通点探しなどを行い、緊張をほぐしました
意見をふせんに書き紙に貼りだしていく参加者の画像
愛称のアイディアを付箋に書き出しました
グループ内でまとめた意見を発表する参加者の画像
最後にグループごとにアイディアを発表しましした
6つのグループに分かれた参加者の画像
おおぜいの参加者が思いやアイディアを出し合いました