ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成30年度 > 平成30年6月 > 「オヂトーーーーク 小千谷の未来はボクのもの」が行われました(6月17日)

「オヂトーーーーク 小千谷の未来はボクのもの」が行われました(6月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月19日更新

市内の高校に通う高校生31人が、小千谷の未来や自分の将来像について、大学生や社会人の先輩と語り合いました。
午前の部は、「地域課題発見ワークショップ」として、小千谷のイメージや小千谷をもっと良くするために何をどうしたらいいかを付せんに書き出し、白い紙に貼り付けていきました。
高校生からは、「駅の中にショッピングができる場所を作る」「商店街をシャッターアートやイルミネーションで明るくする」「若者が集まれる施設やデートスポットがほしい」「SNSに動画や写真をアップし、小千谷を発信する」など、さまざまな意見が出されました。
また、午後の部では「未来創造ワークショップ」を行い、先輩の実体験やアドバイスを聞きながら、自分の未来を思い描きました。

ハイタッチをする参加者の画像
まずは自己紹介をしてハイタッチ!
小千谷の現状を説明する市職員の画像
小千谷の現状について、市の職員から説明を受けます
グループに分かれて話し合いをする参加者の画像
グループに分かれて話し合いました
さまざまな意見が張り出された机の画像
さまざまな意見が出されました
グループごとに発表をしている画像
グループごとに発表しました
先輩の話を聞く高校生たちの画像
社会人の先輩が自身の体験談などを話してくれました
先輩の話を聞く高校生の画像
先輩と話しながら、自分の未来を想像してみました
参加者の集合写真
最後に集合写真を撮りました