ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 令和3年度 > 令和3年7月 > 二荒神社祭礼で神輿渡御が行われました(7月18日)

二荒神社祭礼で神輿渡御が行われました(7月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月20日更新

7月16日(金曜日)~18日(日曜日)に開催予定だった二荒神社祭礼は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、18日の例大祭のみの開催となりました。
午前9時50分から、例年は二荒神社を出発し、慈眼寺を目指して練り歩く「神輿渡御(みこしとぎょ)」が、今年は二荒神社の境内で行われました。
錫杖(しゃくじょう)を持った子どもたちを先頭に、お囃子に合わせながら本殿に向かってゆっくりと進んでいきました。

境内を練り歩いている画像
境内を練り歩く神輿渡御
お囃子を演奏する人たちの画像
お囃子の音色が響きます