ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成31年度 > 令和元年5月 > こみちウォークが行われました(5月26日)

こみちウォークが行われました(5月26日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月28日更新

「こみちの会」のみなさんが整備した、山本山周辺の道を歩く「こみちウォーク」が行われ、23人が参加しました。
このこみちは、かつてボヨ(細い薪)を運ぶために作られた生活道路で、周辺には山本山の豊かな自然が広がっています。
当日は、日差しの強い夏日となりましたが、木陰で休憩をとりつつ、景色を見たり、山菜を採ったりしながら、それぞれが自由に散策を楽しんでいました。
今回初めて参加した男性は、「道路の脇にこんなこみちがあるとは知らなかったです。植物の写真をたくさん撮影できました」と話し、山本山の自然を満喫していました。

細いこみちをを一列になって歩く参加者の画像
細いこみちを一列になって登っていきます
途中の塩殿神社でお参りをする参加者の画像
途中に塩殿神社でお参りをしました
道中見ることができる南部方面の小千谷の景色の画像
草木の間から、越後三山までの景色を一望できます
根曲がり竹を手に山菜の説明をする主催者の画像
こみち付近では、根曲がり竹や木の芽などさまざまな山菜が採れます
澤山神社の大杉について説明を聞く参加者の画像
根本の周囲が8.4メートルある「澤山神社の大杉」についての説明を受けました
映画に出てきそうな森の中の一本道を進む参加者の画像
映画に出てきそうな一本道を進んでいきます
数の少ない貴重な白いタニウツギの花の画像
珍しい白いタニウツギの花が咲いていました
散策終了後、建物内でとん汁を食べている画像
終了後、参加者全員で根曲がり竹の入ったおいしい豚汁をいただきました