ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成31年度 > 令和元年11月 > 健康・こどもプラザ内覧会行われました(11月23日)

健康・こどもプラザ内覧会行われました(11月23日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月27日更新

旧魚沼病院の跡地活用として整備を進めてきた「健康・こどもプラザ」が完成し、1月6日(月曜日)のプレオープンを前に内覧会を行いました。

内覧会に先立ち、健康・こどもプラザの愛称発表が行われ、たくさんの応募の中から「あすえ~る」に決定しました。
「あすえ~る」には、「小さな子どもからお年寄りまで、全ての市民のみなさんの、健康で元気な明日(あす)を応援する、すなわちエールを送る」という意味が込められています。

内覧会には約300人が訪れ、配布された施設内順路を手に職員の説明を聞いたり、自由に見学したりしていました。
「あすえ~る」は、1階にわんパーク・乳幼児健診エリアと健康関連・成人健(検)診事業エリア、2階に病児病後児保育エリアと事務室、共有エリアが設けられています。
親子連れで訪れた方が多く、健康と子どもの育成の拠点となる場所への期待感がうかがえました。

わんパークは12月23日(月曜日)、健康センターは12月27日(金曜日)まで現在の場所で業務を行います。その後、移転準備と年末年始のため休業し、1月6日(月曜日)から健康・こどもプラザ「あすえ~る」で業務を開始します。

愛称を発表する市長と副市長の画像
愛称は「あすえ~る」に決まりました
入り口から入場する来場者の画像
おおぜいの方が来場されました
わんパーク入り口で手を振る子どもの画像
この先が新しいわんパークです
大きな遊具が設置されたわんパークの画像
新しいわんパークにも大きな遊具が設置されています
外遊びスペースの画像
新しく外遊びスペースができ、夏にはプール遊びができる予定です
健康づくり・健診エリアで掲示物を見る子どもたちの画像
健康増進室には、健康に関する情報が掲示されています
病児病後児保育エリアの画像
病児病後児保育エリアは明るく開放的です
保育ルームを見学する参加者の画像
新しくできた病児病後児保育エリアにみなさん興味津々でした
栄養実習室を見学する参加者の画像
広い栄養実習室
会議室の画像
会議室