ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成30年度 > 平成31年3月 > 春こい火まつりが開催されました(3月16日)

春こい火まつりが開催されました(3月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月18日更新

岩沢地区の「函山城狼煙(のろし)の会」が春を呼ぶまつりとして開催してきましたが、会員の高齢化などで活動が難しくなったことなどから会の解散が決まり、今回が最後の開催となりました。

今年は少雪のため会場の設営に苦労したそうですが、雪原にたくさんの缶灯篭が並べられ、優しい明かりが会場を包んでいました。
火まつりの名にふさわしく、弧を描くようにたいまつを回す「たいまつ演舞」が披露されたほか、さいの神のように燃え上がる「火ん柱(ばしら)」の点火など、火にちなんだ行事がたくさん行われました。

花火の画像
雪原を花火が照らしました
口上を読み上げる「殿」の画像
ユーモラスな「殿」の口上に笑いが起こります
火ん玉の画像
「火ん玉」に点火されました
たいまつ演舞の画像
たいまつ演舞が幻想的な景色を作り出しました
狼煙そばの出店の画像
とん汁やそばなどが振る舞われました
来場者の画像
来場者は温かい食べ物で体を温めていました
会場を横切る飯山線の画像
缶灯篭に照らされた雪原を走るJR飯山線
福餅まきの画像
たくさんの福餅がまかれました