ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成31年度 > 令和2年2月 > 絵紙と小千谷のひいな祭りが開催されました(2月22日~3月1日)

絵紙と小千谷のひいな祭りが開催されました(2月22日~3月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月27日更新

小千谷では、浮世絵のことを「絵紙」といいます。小千谷のひな祭りには、絵紙とひな人形を飾る風習があり、昔は子どもたちが近所の家に飾られたひな飾りを見て回りました。
現在は市内で約6,000点の絵紙が確認されており、そのような風習を再現した「絵紙と小千谷のひいな祭り」が、市内各地で開催されています。
「小千谷の雛祭りにおける絵紙飾りの習俗」は令和元年6月18日に市の民俗文化財に指定されました。

メイン会場:絵紙で彩る小千谷のひいな祭り

メイン会場の照専寺和順会館には、さまざまなひな人形と歌舞伎や武者絵、相撲など約400枚の絵紙が飾られています。

係員の説明を聞きながらひいな祭りを鑑賞する来場者の画像
会場では係員がひいな祭りの説明を行っています
じっくりと眺める来場者の画像
来場者はじっくりと絵紙を鑑賞していました
ご家族と一緒に訪れた初節句の女の子の画像
初節句の女の子がひな飾りの前で写真を撮ってい
ました
さまざまな種類の人形が飾られている画像
さまざまなタイプの人形が展示されています

特別展示会場:大ママのひいな祭り

サンプラザ3階の和室では、ひな祭りが大好きな大ママこと髙野さんが、毎年自宅で行っているひいな祭りを再現しています。
会場では、盤すごろくや投扇興(とうせんきょう)遊びなど昔ながらの遊びが体験できるほか、十二単の試着体験を行うことができます。

おおぜいの人が集まる会場の画像
おおぜいの来場者で会場はにぎわっていました
投扇興で遊ぶ海外からの観光客の画像
海外からの観光客のみなさんも昔ながらの遊びを楽しんでいました
十二単の衣装を試着する子どもたちの画像
十二単を着て写真を撮ることができます
雛人形と絵紙の画像
ひな人形や手毬などさまざまな飾りが部屋いっぱいに飾ってあります

その他参加店

小千谷駅前から平成商店街までと、上片貝の全22会場で開催しています。
みなさんもマップを手に各会場を散策してみてはいかがでしょうか。

路上の柱に結び付けられた絵紙カードの画像
小千谷駅前から平成商店街までの通り沿いに結び付けられている絵紙カードは自由に持ち帰ることができます
店内に飾られた絵紙と雛人形の画像
各会場ごとに趣向を凝らした飾り付けがされています
縮とともに飾られた絵紙の画像
小千谷縮とともに絵紙が飾られています
フォトスポットパネルの画像
サンプラザにあるフォトスポットでは、絵紙を背景に映える写真を撮ることができます