ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 令和3年度 > 令和3年9月 > > 小千谷市総合防災訓練を行いました(9月26日)

小千谷市総合防災訓練を行いました(9月26日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月28日更新

3年に1度行っている小千谷市総合防災訓練を、片貝地区で行いました。
今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、訓練参加者を片貝地区自主防災会の役員に限定し、規模を縮小して実施しました。
主会場の片貝総合センターでは、「災害図上訓練」、「負傷者応急処置訓練」、「避難所運営訓練」の3つが行われ、災害時に何をすべきかみんなで話し合ったり、応急手当のやり方を学んだりしました。
段ボールベッドの組立を行ったあと、実際にベッドに横になった参加者は、「思ったよりしっかりした作り。中越大震災の時は地べたに寝たから寒かったが、こういうものがあると助かる」と話していました。

開会式の画像
開会式の様子
災害図上訓練で話し合いをしている参加者の画像
グループに分かれて「災害図上訓練」を行いました
紙に貼られた付箋の画像
災害時にできることや、やった方がいいことを付箋に書いて貼っていきました
骨折の応急手当を学んでいる画像
「負傷者応急処置訓練」では、止血方法や骨折の応急手当の方法などを学びました
簡易担架で負傷者を持ち上げている画像
毛布を使った簡易担架の作り方も学びました
職員の説明を聞いている参加者の画像
職員から避難所運営の説明を聞く参加者
段ボールベッドを組み立てている画像
段ボールベッドを組み立てました
段ボールベッドに寝る参加者の画像
完成した段ボールベッドに横になってみました