ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

受けよう!風しん抗体検査・予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月28日更新

   2020年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、訪日客の増加が見込まれます。

   訪日客への風しんの拡大を予防するため、下記の世代を対象に、早急に対策をとることとなりました。

「風しん」って何?

   風しんは、発熱や発しんを主な症状とし、咳やくしゃみなどにより人から人へ感染する、感染力の強い疾病です。

   妊娠中の女性が風しんに感染すると、目や耳などに障害が生じる「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

男性患者増加中

   平成30年7月以降、特に関東地方で風しんの患者が増加しており、その多くは30歳代~50歳代の男性です。

   このうち、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日に生まれた男性は、風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった世代です。

風しん抗体検査で確認しよう!

   抗体検査を受けて、抗体が十分にあるか確認しましょう。

事業期間

   平成31年4月1日~令和4年3月31日

対象

  昭和37年4月2日~昭和54年4月1日に生まれた男性(「風しんの抗体検査実施フロー」でご確認ください)

■ 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日に生まれた男性(今年度の無料クーポン券配布対象)

  5月10日に「事業のお知らせ」と「無料クーポン券」を発送しました。詳細は、「事業のお知らせ」をご覧ください。

※4月24日(水曜日)時点の住民基本台帳をもとに発送しました。転出した場合は無料クーポン券を使用することができませんので、転入した市町村にお問い合わせください。小千谷市に転入された方には、後日無料クーポン券などを送付します。

■ 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日に生まれた男性

   風しん抗体検査を希望する場合は、健康センターで無料クーポン券を発行しますので、お問い合わせください。

受診方法

  • 予約が必要です。
  • 事業所検診や市が実施する特定健診の機会に、その場で受けられます。(勤務先や市にお問い合わせください)
  • 本事業に参加している全国の医療機関などで受けられます。

抗体検査で風しんの抗体価が低いまたは陰性であると判断された方

   無料ですので、クーポン券を持参のうえ、風しんの予防接種を受けてください。

予防接種

  • 予約が必要です。
  • 使用するワクチンは、麻しん・風しん混合ワクチン(MR)です。
  • 本事業に参加している全国の医療機関などで受けられます。
市内風しん抗体検査・予防接種実施医療機関一覧
NO.実施機関名所在地電話番号備考

1

池田内科医院小千谷市城内2-6-50258-82-6568
2大矢医院  〃      大字ひ生乙933-70258-83-0111
3北村医院  〃      城内1-8-230258-82-7212
4さわなか医院  〃      城内3-3-130258-81-0058
5中村内科消化器科医院  〃      本町2-2-230258-81-1730
6にたはらこどもクリニック  〃      大字桜町4962-10258-81-6811
7根元整形外科医院  〃      城内2-1-50258-82-4530抗体検査は実施しておりません
8片貝医院  〃      片貝町5035-150258-81-2624
9藤巻医院  〃      真人町甲5-10258-86-3006
10山本医院  〃      大字桜町5147-90258-81-7717
11小千谷総合病院  〃      大字平沢新田111番地0258-81-1600

~抗体検査・予防接種までの流れ~

~抗体検査・予防接種までの流れ~

風しんの追加対策の詳しい情報については、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」をご覧ください。

 

風しんの抗体検査実施フロー

風しんの抗体検査実施フロー