地域とともに 自分らしく 生活する子ども
《お問い合わせ先メールアドレス》
sogosien@ojiya.ed.jp
自分のよさを知り、いろいろなことにチャレンジしよう
 おしらせ 
平成31年度
 学校行事予定
 ダウンロード

   ・高等部入学募集要項
 ・登校許可証明書
 
 学校だより

過去の学校だより

令和元年度
学校だより1号
学校だより2号
学校だより3号
学校だより4号

 資料


【中学校向け進路指導Q&A】
(知的障害)

・小千谷市立総合支援学校
 いじめ防止基本方針
・新潟県特別支援学校長会
 交流及び共同学習実践ガイドブック Vol.2
  交流及び共同学習ガイドブックvol.3 ケースブック
・新潟県特別支援学校教頭会
 合理的配慮実践ガイドブック Vol.2
 合理的配慮実践ガイドブック Vol.3
 小千谷市教育研究会
  特別支援教育推進委員会資料
 ・研修部たより

 リンク集
小千谷小学校
日本一歴史と伝統のある小学校
新潟県小千谷市
伝統・創造・自然が織りなす
誇りあるまちおぢや
新潟県の進路支援
新潟県
番目のお客様
(平成27年3月13日より)
 ようこそ、小千谷市立総合支援学校ホームページへ
学校教育目標
 地域とともに 自分らしく 生活する子ども
重点目標
【小学部】自分の好きなことを見つけ 自分でできることを増やそう
【中学部】自分を、仲間を大切にしよう
【高等部】自分らしさを発揮しながら、いきいきと活動しよう

 トピックス & お知らせ





冬の活動をたのしみました!その2(小学部)
2020年2月17日(月曜日)
 2月12日(水)、雲ひとつない青空のもと、今年度初めてのスキー授業を総合支援学校のグラウンドで実施しました。みんなで作ったコースで、暑くて上着がいらなくなるほどたくさん滑りました。初挑戦の子どもも、滑ったことある子どももスイ~スイ~と滑っていてとても上手でした。スキーやソリで滑り下りるなど、初めてのことにも積極的にチャレンジしていました。





冬の活動をたのしみました!その1(小学部)
2020年2月17日(月曜日)
 2月10日(月)に「おぢゃ~る」へ校外学習に行ってきました。信濃川水力発電館では、電車の運転手体験をしたり、ジオラマで水力発電館の様子を見学したりしました。暖冬の影響で雪不足が心配されましたが雪がたくさん降ったおかげで、スノートレインに乗ることができました。友達に手を振ったり、景色を見たり、スピードを感じたりと様々な楽しみ方をしている子どもたちでした。遊んだ後はジュースで乾杯♪とても楽しい時間を過ごしてきました。

武道~ソフト剣道~にチャレンジ!(中学部)
2020年2月7日(金曜日)
 体育では12月から、武道~ソフト剣道~にチャレンジしています。自分で作ったやわらかい素材の剣で、相手の両ひざ下についているボールを落とすと勝ちというルールです。1対1、団体戦(相手の大将のボールを落としたら勝ち)、鬼との戦い・・・等いろいろな試合形式で楽しく体を動かしています。姿勢や剣の持ち方、団体戦での作戦を工夫するなど、回を重ねる毎に、レベルアップしています。


生徒会役員の「立会演説会・投票」を行いました
2020年1月31日(金曜日)
 1月30日(木)、令和2年度の生徒会役員を決める選挙がありました。
立候補者の演説を聞いたあと、小学部から高等部までの全校の児童生徒が投票しました。投票箱や記載台は市役所からお借りた本物の道具を使用しました。子どもたちは、やや緊張した面持ちで投票をしていました。



78日間あっという間でした!~2学期終業式~
2019年12月24日(火曜日)
 12月24日、令和元年度2学期の終業式を行いました。はじめに校長から「2学期78日間があっという間に過ぎていき、とっても充実していました。冬休みも充実した日々を過ごし新年に顔を合わせましょう」という話がありました。
 つづいての各学部代表の発表。小学部代表の児童は、「給食を残さず食べた。お昼休みに友達と遊んだ。3学期はスキーをがんばりたい」と発表していました。それぞれのがんばりを称えあい寒さも吹き飛ばすほどの温かい雰囲気になりました。

これより前のトピックスは過去のトピックス紹介のページをご覧ください。

小千谷市立総合支援学校
 〒 949-8721 小千谷市大字塩殿甲2144番地
 電話0258-82-1878 FAX 0258-82-1889 メール sogosien@ojiya.ed.jp 
 著作権法により無断での複製、転載等は禁止されております。