三条中学校長手塚義明が作詞したはじめての校歌
〜昭和3年につくられ,昭和28年に現在の校歌ができるまでの25年間歌われ続けました。〜

 昭和3年,天皇即位の御大典(ごだいてん)が11月10日に行われることになりました。そこで,小千谷小学校でも,同窓会を中心に記念事業の計画がたてられました。7月には,作詞を三条中学校長手塚義明,作曲を東京音楽学校教授信時潔にお願いすることに決まりました。11月3日には,午前十時から「校歌制定式」が行われました。また,11月27日夜には,町の人たちも集まって,盛大に校歌制定記念音楽会が開かれました。特別に照明装置をとりつけたりして,とてもにぎやかに行われました。
   
              小千谷小学校校歌(昭和28年まで)

    第一部
  舟岡山の花の色  信濃の川の月の影
  ゆかしき町の丘の上に  我が学び舎ぞそそり立つ

    第二部
  小千谷縮の名も高き  千年の歴史偲ぶとき
  移りてやまぬ世の相に  進取の意気ぞ新なる

    第三部
  校庭の小松にふりつもる  三冬の雪は深くとも
  われこそ国の太柱  剛く雄々しく生いたしめ

    第四部
  我が日の君の勅語  明き心にえりもちて
  朝日に匂う桜花  校旗の光をいや添へむ
 

年表へ