ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業振興 > 融資・支援 > 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)にかかる売上減少の証明について

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)にかかる売上減少の証明について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月22日更新

小千谷市では「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」にかかる市内事業者の方からの「売上減少の証明書」の交付申請を受け付けています。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者等が、地域の商工会議所の助言などを受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等(※コロナ特別対応型においては、感染症の影響を乗り越えるための前向きな対策等)に取り組む費用の3分の2または4分の3を補助する制度です。詳しくは、各ホームページをご覧ください。

売上減少の証明書申請について

「売上減少の証明書」の役割について

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)について、「売上減少の証明書」の交付を受けた方は、補助対象経費の一部について審査後、概算払いによる即時支給(交付決定額の50パーセント)が行われます。

証明の要件

次のすべての要件を満たす方に証明書を発行します。

  1. 小千谷市内に主たる事業所を有すること
  2. 令和2年2月から小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の各申請締切日までの、任意の1か月間の売上高が、前年同月比で20パーセント以上減少していること

提出書類

ご留意いただきたいこと

  • 本補助金は、「持続化給付金」ではありません。
  • 市の証明書交付によって、「小規模事業者持続化補助金」の交付が決定されるものではありません。
  • 補助金の応募には、小千谷商工会議所が交付する事業支援計画書(コロナ特別対応型の場合は、支援機関確認書)が必要です。

  小千谷商工会議所はこちら(別の窓が開きます)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)