ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業振興 > 企業立地 > 【令和元年度補正】ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金のご案内

【令和元年度補正】ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月11日更新

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募が始まりました

令和元年度経済産業省関連補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」は、中小企業・小規模事業者が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

また、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を、「特別枠」により優先的に支援するほか、業種別のガイドラインに基づいて感染拡大予防の取組を行う場合は、上限50万円を別枠(事業再開枠)で上乗せします。

 詳細は全国中小企業団体中央会のホームページをご覧ください。(別の窓が開きます)

申請にあたって

公募要領等

公募期間

  • 公募開始:令和2年5月22日(金曜日)正午~
  • 申請受付:令和2年6月10日(水曜日)午後5時~
  • 第3次締切:令和2年8月3日(月曜日)午後5時

本事業については通年公募とするため、11月、令和3年2月にも申請を受け付ける予定です。

注意点

  • 電子申請システムによる申請のみ受け付けます。(郵送による申請はできません)
  • 申請には「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要です。アカウントの取得には2週間程度の時間を要しますので、未取得の方は、お早目に利用登録を行ってください。

「GビズID」トップページ(別の窓が開きます)

これまでのものづくり補助金からの変更点

今回の補助金において変更になった主な内容は以下のとおりです。

通年で公募

通年で公募し、複数の締切を設けて審査・採択を行うことにより、申請事業者の予見可能性を高め、十分な準備のうえ、都合のよいタイミングで申請・事業実施することが可能になります。

賃上げ要件の追加

申請要件に、賃金引上げに係る計画策定等を追加し、要件が未達の場合には補助金の一部返還を求めます。

新型コロナウイルスの影響に対応

新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を行う事業者を加点措置や申請要件緩和等によって優先的に支援します。

初めての事業者を優遇

初めて補助金申請される方でも採択されやすくなるよう、過去3年以内にものづくり補助金の交付決定を受けた事業者は審査にて減点措置を講じます。

補助対象者

補助対象となるのは、中小企業者、特定非営利活動法人に限ります。
業種に応じて、資本金や従業員規模の上限が決められていますので、以下をご参照ください。

中小企業者(組合関連以外)

業種資本金従業員(常勤)
製造業、建設業、運輸業3億円300人
卸売業1億円100人
サービス業5,000万円100人
小売業5,000万円50人
ゴム製品製造業3億円900人
ソフトウェア業、情報処理サービス業3億円300人
旅館業5,000万円200人
その他の業種3億円300人

中小企業者(組合関連)

組織形態
企業組合
協業組合
事業協同組合、事業協同小組合、協同組合連合会
商工組合、商工組合連合会
商店街振興組合、商店街振興組合連合会
水産加工業協同組合、水産加工業協同組合連合会
生活衛生同業組合、生活衛生同業小組合、生活衛生同業組合連合会
酒造組合、酒造組合連合会、酒造組合中央会
内航海運組合、内航海運組合連合会
技術研究組合

特定非営利活動法人

  • 広く中小企業一般の振興・発展に直結し得る活動を行う特定非営利活動法人であること。
  • 従業員数が300人以下であること。
  • 法人税法上の収益事業を行う特定非営利活動法人であること。
  • 認定特定非営利活動法人ではないこと。
  • 交付決定時までに補助金の事業に係る経営力向上計画の認定を受けていること。

支援内容・支援規模

項目要件
概要中小企業者等が行う「革新的な製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援
補助金額100万円~1,000万円
 +50万円(特別枠に限り、事業再開枠の上乗せが可能)
補助率[通常枠]中小企業者:2分の1、 小規模企業者・小規模事業者:3分の2
[特別枠]A類型:3分の2、 B・C類型:4分の3
[事業再開枠]定額(10分の10、上限50万円)
設備投資税抜きで単価50万円以上の設備投資が必要
補助対象経費[通常枠]
機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費
[特別枠]
上記に加えて、広告宣伝費・販売促進費
[事業再開枠]
業種別ガイドラインに基づく感染防止対策費(消毒、マスク、清掃、間仕切り、換気設備等の費用 等)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)