ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業振興 > 融資・支援 > 【事業者の皆様へ】小千谷市からの補助・助成
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業振興 > 労政・雇用 > 【事業者の皆様へ】小千谷市からの補助・助成

【事業者の皆様へ】小千谷市からの補助・助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月6日更新

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者に対する、小千谷市の各種支援情報をお知らせします。

【小千谷市】雇用対策支援事業補助金

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国の雇用調整助成金の申請に係る、社会保険労務士への相談費用及び申請書類作成費用の一部を補助します。

対象者

  • 市内で事業を営む中小企業者
  • 個人事業主の場合、市内に住所を有すること
  • 市税の滞納がないこと

対象経費

雇用調整助成金の申請に要する社会保険労務士への費用

補助額

費用の100%(従業員10人超の事業所は50%)

※上限額10万円(1事業所につき1回まで)

必要書類

チェックリスト

提出は不要ですが、申請手続きの確認用としてご利用ください。

チェックリスト [Wordファイル/17KB]

申請方法

原則として郵送で申請してください。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点からご協力をお願いします。

郵送先

〒947-8501
小千谷市城内2丁目7番5号
小千谷市役所 商工振興課 宛て

申請期限

令和2年12月31日(木曜日)当日消印有効

<ページの先頭へ>

【小千谷市】店舗等における新生活様式導入促進事業

新型コロナウイルスの感染拡大防止と地域経済の回復を図るため、事業者が実施する衛生設備等の設置・取得費用、附随する改装費用、衛生用品の取得費用の一部を補助します。

※8月1日以降に支払った経費の取扱いについて、支援内容を拡充しました。

県が実施した三密対策支援金について

7月31日までに支払われた経費については、新潟県が実施した「新潟県新型コロナウイルス感染拡大防止対策推進支援金(三密対策支援金)」(外部リンク)の対象であり、小千谷市はその上限額(20万円)を超える経費について補助を実施します。
8月中に支払われた経費については、県支援金の支給対象外であるため、小千谷市が独自で補助を実施します。
補助額は対象経費に補助率を乗じて算出します。

対象者

小千谷市内で事業を営む中小企業者(個人事業主含む)

業種及び規模

対象業種中小企業者要件(いずれかを満たすこと)
資本金又は出資の総額常時使用する従業員数
小売業5,000万円以下50人以下
飲食サービス業
生活関連サービス業
娯楽業
その他サービス業(集会場)
5,000万円以下100人以下
道路旅客運送業
教育学習支援業
3億円以下300人以下

その他

市税の滞納がないこと

対象経費

対象業種を営むための施設(店舗等)において実施する事業に係る経費で、令和2年4月1日以降に支払った以下の経費
※ただし、衛生用品の購入費のみの申請は対象になりません。

衛生設備の導入にかかる経費

飛沫感染防止、消毒、換気、衛生管理などを目的に導入する設備の取得・設置費用及び附随して実施する店舗等の改装費用

衛生用品の購入にかかる経費

マスク、アルコール消毒液、洗浄剤・漂白剤、エプロン、防護服、ゴーグル などの購入費用

補助額

算出方法

以下(1)及び(2)の合算額(千円未満切捨て)を補助金として交付します。

(1)4月1日から7月31日までに支払った経費

【計算式】(対象経費-20万円)×補助率

※対象経費に市内業者への発注分と市外業者への発注分が混在する場合は、市外業者分から優先して20万円を控除します。

(2)8月1日から8月31日までに支払った経費

【計算式】対象経費×補助率

補助率
  • 市内業者への発注分:3分の2
  • 市外業者への発注分:2分の1
補助上限額

100万円

必要書類

申請方法

原則として郵送で申請してください。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点からご協力をお願いします。

郵送先

〒947-8501
小千谷市城内2丁目7番5号
小千谷市役所 商工振興課 宛て

申請期間

令和2年6月30日(火曜日)から8月31日(月曜日)まで※当日消印有効

<ページの先頭へ>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)