ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業振興 > 融資・支援 > 新型コロナウイルス感染症にかかるセーフティネット保証4号認定申請を受け付けています

新型コロナウイルス感染症にかかるセーフティネット保証4号認定申請を受け付けています

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月27日更新

セーフティネット保証4号とは

セーフティネット保証4号は、突発的災害(噴火、地震、台風等)の影響により売上高などが減少している中小企業者を支援するための制度です。

この認定を受けることで、信用保証協会の一般保証枠とは別枠の保証(保証割合100%)を利用することが可能となります。

重要なお知らせ

認定書の有効期限について

令和2年1月29日から7月31日までに発行のセーフティネット保証4号、5号及び令和2年3月13日から7月31日までに発行の危機関連保証については、有効期限が令和2年8月31日までとなります。(有効期限を過ぎても再発行の必要はありません。)

5月1日以降発行の認定書にも引き続き30日間の有効期間が記載されますが、上記のとおり8月31日まで有効となります。

金融機関による代理申請について

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止等の観点から、金融機関による代理申請を推奨しております。まずは、直接金融機関へ融資についてご相談いただきますようお願いします。(代理申請にあたっての委任状等は不要です。)

4号認定にかかる要件

(イ)

指定地域において1年間以上継続して事業を営んでいること

小千谷市で認定を受ける場合には、法人の場合は登記上の住所地または事業実体のある事業所の所在地が小千谷市であること、個人の場合は事業実体のある事業所の所在地が小千谷市であることが必要です。

※新型コロナウイルス感染症にかかる認定の場合、事業開始から1年未満であっても申請が可能です。詳しくは商工振興課までお問い合わせください。

(ロ)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、令和2年2月からの原則として最近1か月の売上高などが前年同月と比較して、20%以上減少しており、かつ、その後2か月の見込みを含む3か月間の売上高などが前年同期に比較して20%以上減少することが見込まれていること。

申請の際に必要な書類

(1)認定申請書
添付ファイル「セーフティネット4号申請書」を使用してください。

(2)小千谷市内に事業所があることを示す書類
  (現在事項全部証明書、許認可書、直近の確定申告書、開業届などの写し)

(3)売上高などを証明する書類
(売上台帳、試算表などの写し)

(例)令和2年4月に認定申請を行う場合
平成31年3月、4月、令和元年5月の売上高などが確認できる書類と、令和2年3月の売上高などが確認できる書類

(4)確認書
  添付ファイル「確認書」を使用してください。 

セーフティネット4号申請書 [PDFファイル/108KB]

確認書 [PDFファイル/50KB]

指定期間

令和2年2月18日から令和2年9月1日

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)