ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 国民文化祭小千谷市独自事業第2弾!東山関連イベント情報

国民文化祭小千谷市独自事業第2弾!東山関連イベント情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月10日更新
文化ふっとつ新潟!

国民文化祭開催中!

国民文化祭の小千谷市独自事業第2弾として開催するイベントをご紹介します。

★イベント第2弾!「錦鯉発祥の地 小千谷東山の文化と歴史~特別開催 牛の角突き~」

「牛の角突き」とは

「牛の角突き」は、五穀豊穣、安全を祈り、神への感謝を込めた神事としての伝統的習俗です。国内各地で闘牛行事が行われていますが、小千谷の「牛の角突き」は勝ち負けをつけず、引き分けとすることが大きな特徴です。江戸時代から守り継がれてきた伝統行事であり、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。鈴木牧之は、「牛の角突き」の様子を「越後越郡二十村闘牛之図」に著し、滝沢馬琴は著書「南総里見八犬伝」で、角突きを元に物語を作りました。勝負を仕切る勢子(せこ)たちの「ヨシター」のかけ声に勢いづいた牛が、1トンを超える巨体をぶつけ合う姿は迫力満点です!

牛の角突きや錦鯉など東山の文化と歴史をテーマにしたイベントを開催します

10月5日開催(会場:サンプラザ)講演会・パネルディスカッション・東山食文化体験

会場

小千谷市総合産業会館 サンプラザ 3階大ホール

時間

開演:午後2時~(開場:午後1時)

第1部:講演会(午後2時~)

演題

「牛の角突きの伝統と継承」

講師

渡邉 敬逸(わたなべ ひろまさ)氏(愛媛大学社会共創学部・環境デザイン学科准教授)

第2部:パネルディスカッション(午後3時~)

テーマ

「地域資源を楽しむ、活かす、そして伝える」

モデレーター
  • 菅  豊(すが ゆたか)氏(東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授)
パネリスト
  • 渡邉 敬逸(わたなべ ひろまさ)氏(愛媛大学社会共創学部・環境デザイン学科准教授)
  • 片岡 哲太郎(かたおか てつたろう)氏(伝説牛「新潟トガイ」育成者)
  • 鈴木 美奈子(すずき みなこ)氏(村上市在住角突き愛好家)
  • 間野 泉一(まの せんいち)氏(元全日本錦鯉振興会理事長)
  • 木島 良(きじま りょう)氏(角突きアナウンサー)

第3部:東山食文化体験(午後4時30分~)

「地域の資源を味わう」東山五人杵搗き餅見学試食会

10月6日開催イベント

「牛の角突き」特別開催

時間

正午開始(入場券発売:午前10時~)

会場

小千谷闘牛場

入場料
  • 屋根付き観覧席2,000円
  • 一般席1,000円

※無料送迎バス運行

無料送迎バス運行表 [PDFファイル/56KB]

アトラクション

東山小学校児童による「闘牛の歌」

牛の角突き 牛の角突きの様子

東山食文化体験

時間

午前10時~

会場

小千谷闘牛場駐車場広場

内容

金倉そば試食:限定250食

金倉そば道場 金倉そば道場

新潟県指定文化財「木喰上人作三十三観音他二像」公開

時間

午前9時~午後6時 ※拝観料無料、ガイド付き

「微笑仏」の名で親しまれる木喰観音像 「微笑仏」の名で親しまれる木喰観音像

錦鯉の里 国民文化祭特別公開

時間

午前9時~午後6時  ※入館料無料

「錦鯉の里」庭園 「錦鯉の里」庭園

主催

国民文化祭小千谷市実行委員会

問い合わせ

国民文化祭小千谷市実行委員会事務局(市民会館内) 電話0258-82-9111      

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)